タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60730600 
科目名   学校図書館サービス特論  
担当教員   前田 稔  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S302    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金1   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース必修科目、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース必修科目 
備考   
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標 読書習慣の形成や探究的な学びの実現が、近年の学校教育においてあらゆる学習活動の基盤をなすものとして重視されている。学校図書館が提供するサービスの水準次第で、教育全体の質が大きく左右されるという認識が定着してきた。本科目では学校図書館についての基本的な知識をふまえつつ、児童生徒及び教職員への直接的・間接的なサービス活動についての見方・考え方を通じて、子供をとりまくひとりひとりが何をすべきか、何ができるかという点について講義を行っていく。 
内容 学校図書館サービスの中核を担う学校司書の専門的な職務内容の紹介を通じて、社会に開かれた教育課程における主体的・対話的で深い学びの実現への理解を深める。また、文部科学省『学校図書館ガイドライン』や東京学芸大学『授業に役立つ学校図書館活用データベース』と連動した発展的な学習を企図している。 
テキスト 前田稔,堀川照代『学校図書館サービス論』放送大学教育振興会,2021年,ISBN:978-4-595-32244-0 
参考文献 なし 
成績評価方法 授業参加状況とレポート提出による。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1学校図書館サービスの考え方と構造
2学校図書館の環境整備(1)
3学校図書館の環境整備(2)
4学校図書館の運営
5学校図書館利用のガイダンス
6資料・情報の提供(1)
7資料・情報の提供(2)
8資料・情報の提供(3)
9児童生徒への読書支援(1)
10児童生徒への読書支援(2)
11児童生徒への学習支援(1)
12児童生徒への学習支援(2)
13特別の支援を必要とする児童生徒に対する支援
14教職員への支援
15広報・渉外活動とその他の課題
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード 学校図書館サービス・学校司書・読書・学習支援 
受講補足(履修制限等) 本科目は、司書教諭科目ではない。
司書資格の選択科目の中に含まれているが、司書資格取得を目指すことを前提とはしていない。
CAP制の対象外科目となる。資格関連科目として,履修科目登録の上限設定からは除外される。
学校司書のモデルカリキュラム対象科目である(対象年度の学生のみ)。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.