タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60730400 
科目名   生涯学習社会と博物館  
担当教員   塚田 健  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程美術専攻選択科目B、初等教育教員養成課程美術選修選択科目B、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース必修科目、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース必修科目 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 生涯学習社会における博物館の存在意義と役割を博物館の機能や具体的な教育活動の実践例をもとに学び、博物館の教育機能に関する知見と、将来において自らがどのような立場となっても生涯学習社会においてそれを実践的に役立てる資質を育成することを目標とする。 
内容 本講義の目的を達成するため、講義前半では博物館の基本的機能と博物館における学習活動の繋がりについて解説をする。それらを踏まえたうえで、後半では生涯学習社会における博物館における学びの独自性を、歴史博物館や美術館、科学館など様々な形態の博物館における実践例を通して学ぶとともに、現代の博物館が抱える課題と学習活動の関わりについて論じる。 
テキスト 君塚仁彦・名児耶明(2012)『現代に活きる博物館』(有斐閣)定価2,268円/講義開始までに必ず用意すること。 
参考文献 伊藤寿朗(1993)『市民のなかの博物館』(吉川弘文館)、浜口哲一『放課後博物館へようこそ-地域と市民を結ぶ博物館』(地人書館)、玉村雅敏(2013)『地域を変えるミュージアム-未来を育む場のデザイン』(英治出版)、小川義和・五月女賢司『挑戦する博物館:今、博物館がオモシロイ!!』(ジダイ社)など/購入は必須ではないがすべて附属図書館に所蔵されているので一読を勧める。必要に応じて該当箇所をスキャニングしたものを配布する。 
成績評価方法 (1)資料参照可(電子媒体を除く)の論述式筆記試験40%、(2)教育普及活動企画小レポート20%、(3)博物館見学レポート20%、(4)数回実施予定のコメントペーパー20%の成績を合計し、総合的に評価する。新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては(3)を取り止め(1)と(2)に振り分ける可能性がある。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス(本講義の目的と役割、進め方について)
2生涯学習と博物館
3博物館の機能と学習活動①
4博物館の機能と学習活動②
5教育普及活動をつくる①
6教育普及活動をつくる②
7“学べる博物館”の条件
8人文科学を扱う博物館における学び
9芸術を扱う博物館における学び
10自然科学を扱う博物館における学び
11自然史を扱う博物館における学び
12命を扱う博物館における学び
13博物館とオンライン学習
14現代の博物館が抱える課題と学習活動
15試験とまとめ(博物館で学ぶためには)
授業時間外における学習方法 (1)講義予定に関連するテキストの該当箇所を事前に読んでおくこと(講義の最後に次回の該当箇所を指示する)。(2)講義で紹介する博物館や自らが興味を持った博物館を見学すること。ただし博物館を訪れる際は感染症対策を徹底するとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては見学を控えて欲しい。 
授業のキーワード 博物館教育、博学連携、生涯学習、科学コミュニケーション、アウトリーチ 
受講補足(履修制限等) 本科目は学芸員資格取得のための法令科目(博物館教育論)でもあるため、受講姿勢および出席状況を重視する。学芸員資格取得を希望せず、必修科目として本講義を履修する生涯学習専攻の学生に対しても同じ姿勢で臨む。 
学生へのメッセージ 生涯学習施設としての博物館、地域における博物館の役割、博物館における教育活動など、博物館に関する様々な事柄に関心がある学生の履修を大いに歓迎する。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に全講義ウェブ会議システムZoomのミーティング機能を用いたリアルタイム・オンライン形式とする。初回のZoomミーティングルームのアドレスはWebclassのメッセージ機能で通知するので履修してみようと考えている人は前日までにとりあえず履修登録をして欲しい。 
その他 オンライン講義への参加はパソコンでもスマートフォンでも構わないが、事前にZoomアプリケーションをインストールしておくことを勧める。
講義で使用したスライドショーファイルは講義後に共有する。したがってZoomミーティングの録画や画面キャプチャ等は禁止する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.