タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60403200 
科目名   情報メディアの活用  
担当教員   前田 稔  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   W110    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火2   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、初等教育教員養成課程英語選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻自由選択、中等教育教員養成課程理科専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻自由選択、中等教育教員養成課程技術専攻自由選択、中等教育教員養成課程家庭専攻自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、中等教育教員養成課程書道専攻自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、中等教育教員養成課程音楽専攻自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース自由選択、中等教育教員養成課程国語専攻自由選択、中等教育教員養成課程数学専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択 
備考  教職に関する科目(選択) 
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標 コンピュータをはじめとする情報機器を学校図書館で活用する方法を習得する。特に、アクティブラーニング時代の教育の情報化との関連について理解を深める。 
内容 学校教育現場・学校図書館で急速に進むデジタル化・インターネット化の動きに対応するために、情報メディアに対して認識を深め、検索の仕方、情報の集め方、扱い方を考察する。教育改革について受講生とともに理解を深めながら授業を進める。 
テキスト 使用しない。 
参考文献 山本順一・気谷陽子『情報メディアの活用(三訂版)』放送大学教育振興会、2016/6、ISBN:978-4595316494 
成績評価方法 授業参加状況とレポート提出による。 
授業スケジュール(展開計画) 第 1回 知識基盤社会と人間①<定義>
第 2回 知識基盤社会と人間②<機能>
第 3回 知識基盤社会と人間③<展望>
第 4回 情報メディアの特性と選択①<種類>
第 5回 情報メディアの特性と選択②<非印刷メディア>
第 6回 情報メディアの特性と選択③<電子メディア>
第 7回 情報メディアの教育利用①<コンピュータ>
第 8回 情報メディアの教育利用②<インターネット>
第 9回 情報メディアの教育利用③<その他の情報機器>
第10回 情報メディアの活用事例①<ICTとWebの活用>
第11回 情報メディアの活用事例②<司書教諭の分掌>
第12回 情報メディアと児童生徒の保護・支援①<知的財産>
第13回 情報メディアと児童生徒の保護・支援②<情報モラル>
第14回 情報メディアと児童生徒の保護・支援③<トラブルと対策>
第15回 まとめ  
授業時間外における学習方法 日常的に、教育の情報化やインターネット関連のニュースに気を配っていることを期待する。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) CAP制の対象外科目である。 
学生へのメッセージ 司書教諭資格修得を目指す学生以外の受講も歓迎します。本曜日時限の「情報メディアの活用」については、理論面について重視した講義を行います。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他 司書教諭資格は国家資格です。12学級以上の学校では法律上必置で、近年の言語力や情報活用能力重視の流れもあり、司書教諭資格を、教員採用試験の加点事由とする教育委員会が増えています。東京学芸大学では司書教諭科目5科目10単位についてそれぞれ2枠ずつ用意しており履修しやすくしています。是非ともチャレンジしてみてください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.