タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60403200 
科目名   情報メディアの活用  
担当教員   村山 正子  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   N411    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻自由選択、初等教育教員養成課程英語選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、中等教育教員養成課程技術専攻自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、中等教育教員養成課程家庭専攻自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻自由選択、中等教育教員養成課程理科専攻自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、中等教育教員養成課程書道専攻自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、中等教育教員養成課程音楽専攻自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース自由選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻自由選択、中等教育教員養成課程数学専攻自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択、中等教育教員養成課程国語専攻自由選択 
備考  教職に関する科目(選択) 
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標 情報メディアを学校図書館で活用する方法を習得する。「主体的・対話的で深い学び」や教育の情報化との関連について理解を深める。 
内容 学校教育現場・学校図書館で急速に進むデジタル化・インターネット化の動きに対応するために、情報メディアに対して認識を深め、検索の方法、情報の収集や活用のしかたを考察する。 
テキスト テキストは使用しない。必要に応じて資料を提示する。 
参考文献 『三訂版 情報メディアの活用』 山本順一・気谷陽子 編著 放送大学教育振興会
『「学校図書館ガイドライン」ハンドブック 解説編』堀川照代 悠光堂
『「学校図書館ガイドライン」ハンドブック 実践編』堀川照代 悠光堂   
成績評価方法 平常評価:毎回の講義ごとに提出するレポート 70%
課題作品:学習のまとめとして提示する課題(調べて作品を作り意見感想を述べる等)についてのレポート 30% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1学校図書館とメディア① 知識基盤社会と人間
2学校図書館とメディア② メディア教育と情報の種類
3情報メディアの特性① 多様な情報の活用
4情報メディアの特性② データベース
5情報メディアの特性③ インターネット
6情報メディアの活用① 情報検索
7情報メディアの活用② 情報の比較と吟味
8情報メディアの活用③ 発達段階と情報活用
9情報メディアの教育利用① 他機関との連携
10情報メディアの教育利用② メディア活用と環境整備
11情報メディアの教育利用③ 司書教諭と学校司書の仕事
12情報メディアの活用① 事例紹介と 活用案作成
13情報メディアの活用② 著作権
14情報メディアの活用③ 活用案発表と相互評価
課題と展望
15まとめ
授業時間外における学習方法 予習:指示したものについて、読んでおくこと。
復習:授業終了時に示す課題についてレポートを提出すること。
学校図書館や公共図書館を見学するとよい。 
授業のキーワード 学校図書館 情報リテラシー メディア教育 司書教諭 学校司書 アクティブラーニング 発表会 
受講補足(履修制限等) CAP制の対象外科目。資格関連科目として、履修科目登録の上限設定からは除外される。 
学生へのメッセージ 司書教諭資格習得を目指す学生以外の受講も歓迎。 
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 Webサイトの検索等の課題も多い。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.