タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60403100 
科目名   読書と豊かな人間性  
担当教員   山田 万紀恵  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻自由選択、初等教育教員養成課程英語選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、中等教育教員養成課程理科専攻自由選択、中等教育教員養成課程家庭専攻自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、中等教育教員養成課程技術専攻自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免自由選択、中等教育教員養成課程書道専攻自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、中等教育教員養成課程音楽専攻自由選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース自由選択、中等教育教員養成課程国語専攻自由選択、中等教育教員養成課程数学専攻自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻自由選択 
備考  教職に関する科目(選択) 
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標 「読書は活動は、子どもが言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものである」生涯にわたる読書習慣を形成していくためには、子どもの頃からの読書習慣が重要である。学習指導要領でも、全ての教科領域にわたっての読書教育が求められている。教員が読書教育への理解を深め、指導力を身に付けることが必要である。当科目では、読書指導の重要性を認識し、読書教育を推進できる教諭や司書教諭としての能力を育成する。 
内容 児童生徒の発達段階に応じた読書指導の在り方について論じる。また、児童生徒の読書実態に基づいた読書指導や読書習慣を形成するための具体的な方法や技術について体験と交流を取り入れながら理解を図る。さらに、全教職員や地域・保護者との連携のあり方について理解を図る。学校図書館司書教諭の資格取得科目として、読書教育を推進する司書教諭の役割と責務への具体的な理解を図る。 
テキスト 探究 学校図書館学4 『読書と豊かな人間性』全国学校図書館協議会発行  2000円 
参考文献 『初めての読書指導アイディア25』 『読書イベントアイディア集』 『よい絵本』 全国学校図書館協議会
『授業が生きるブックトーク』 一声社 
成績評価方法 ・平常点評価50%(出席、授業への自主的で対話的な姿勢、授業内容に関する感想や意見等の毎回の提出物等)
・課題への取り組みによる評価 20%
・最終テスト、もしくはレポートによる評価 30%
以上を総合して判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1各自の読書体験を振り返り、読書の意義、子どもにとって読書の意義について考える
今、求められる「読む力」 デジタル時代の読書 学習指導要領が求めている読みの力 「読む力」はすべての学びの基礎 児童生徒の読書の必要性
2読書教育の系譜、日本の読書教育 学校図書館の創設期 戦後の教育の変遷 子どもの本の変遷 読書教育を進めてきた人たち
3読書指導と学校図書館 学校図書館の意義  教育施策における読書
学校教育における読書
4子どもの読書環境 子ども読書の実態 学校図書館・公共図書館の現状 子どもの読書活動の推進
5発達段階に応じた読書指導  読書能力の発達段階
              発達段階に応じた読書指導・・・幼少期と小学校期、中学校期、高等学校期
6子どもの本の種類と提供  図書資料の種類と提供 図書資料の選択 図書資料の提供 
7
読書環境の整備  図書資料の整備  展示・掲示・コーナー  学年・学級文庫
8子どもと本を結ぶための方法・・・本の紹介方法、本の世界の共有(読み聞かせ、ブックトーク等)
                読書体験の表現と交流(アニマシオン、ビブリオバトル)読書集会 読書郵便
9教科における読書指導・探究的な学習と読書指導 各教科での読書指導の必要性 国語科における読書指導
   各教科での読書指導 クラブ・委員会と読書 総合的な学習の時間 探究のプロセス
10読書活動の実際(1)  小学校での読書活動例  低学年 中学年 高学年
            中学校での読書活動例
11読書活動の実際 (2) 高等学校での読書活動例
              
12読書活動の実際  (3) 特別支援学校での読書活動例
 
13読書活動の推進と司書教諭・学校司書  全校で取り組む読書活動 司書教諭の職務と読書指導  学校司書の職務と読書指導への支援
14個に応じた読書指導 一人ひとりのニーズに応じた読書指導の必要性 
15地域社会との連携  学校図書館・公共図書館との連携  生涯学習施設との連携 家庭文庫・地域文庫との連携
          学校図書館支援センターの役割 
授業時間外における学習方法 ・大学図書館や公共図書館を活用し、本や本の情報に触れる機会を多くする。
・授業中に紹介された本を図書館等で確認したり、読んだりする。
・授業で指示された課題の準備をする。 
授業のキーワード ・読書指導 ・司書教諭 ・学校司書 ・主体的で深い学び  
受講補足(履修制限等) CAP制の対象外科目です。資格関連科目として、履修科目登録の上限設定からは除外されます。 
学生へのメッセージ 意欲・興味・関心は豊かな感性からの中から生まれます。良き読書習慣が豊かな感性を育みます。当科目では具体的に役立つ環境づくりや様々な読書指導の方法を身に付けることができます。AI時代に向けて、読書が人間の豊かな想像力や判断力を培う重要な基礎となるということが強調されている今日、教師、司書教諭資格取得希望者は勿論、それ以外の進路の学生にも人間としての資質向上の機会になります。 
実務経験のある教員による科目 学習指導要領で求められている「主体的・対話的な深い学びの実現」に学校図書館の活用は不可欠です。学校図書館を活用し、運営できる教員・司書教諭を目指して受講してください。公立小学校の司書教諭として学校経営に学年経営に学級経営に学校図書館を生かしてきた経験をもとに指導します。また、本の紹介や読み聞かせ、読書集会
パネルシアター、ブックトークなどを授業に生かしてきました。児童生徒に読書の楽しさを伝えることができる教員・司書教諭になりましょう。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式の授業 
その他 実際に読書郵便、ビブリオバトル、ブックトークなどを実施したかったのですが、今回の授業は遠隔形式で行うため実施できません。残念です。近くの公共図書館は開館していると思いますので、利用してできるだけ児童書やヤングアダルトの本を読んでほしいです。教師が本が好きだと児童生徒に伝わります。心に残る本との出会いは一生の宝物になります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.