タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60402900 
科目名   学校図書館メディアの構成  
担当教員   長谷川 優子  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、初等教育教員養成課程英語選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻自由選択、中等教育教員養成課程技術専攻自由選択、中等教育教員養成課程理科専攻自由選択、中等教育教員養成課程家庭専攻自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、中等教育教員養成課程書道専攻自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、中等教育教員養成課程音楽専攻自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻自由選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース自由選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース自由選択、中等教育教員養成課程数学専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース自由選択、中等教育教員養成課程国語専攻自由選択 
備考  教職に関する科目(選択) 
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標 ・学校図書館メディアの構成に関する理解及び実務能力の育成
1学校図書館メディアの種類と特性を知り、学習目標に対応したコレクション形成ができる。
2学校図書館メディアの組織化の基本スキルの習得 分類、目録、件名の意義と原則を理解し、説明、応用できる。
3学校図書館活⽤の視点から、地域、各校種によって状況の異なる学校図書館現場でどう応⽤するか、判断の基盤となる知識と課題解決力を育成する。
 
内容 ・学校図書館メディアの種類、特性を知る。 ・コレクションの構築について、活用の意義と選定収集の実際を具体例から学ぶ。・メディアの組織化について、分類、⽬録、件名の概要について、演習を通して実務能力の育成を図る。
・一部演習を含む、講義形式で行います。
・本科目は、学校図書館及び公共図書館の実務経験者による科目です。
 
テキスト 「探究 学校図書館学」編集委員会. 学校図書館メディアの構成.全国学校図書館協議会, 2020, (シリーズ探究学校図書館学, 2)2000円 ISBN978479332275 
参考文献 ⼩⽥光宏編著,学校図書館メディアの構成,樹村房.2016,(司書教諭テキストシリーズ)
北克一.平井尊士,学校図書館メディアの構成,放送大学教育振興会.2016,(放送大学教材)
木原通夫、志保田務,分類・目録法入門ーメディアの構成ー,第一法規, 2020
東京学芸大学学校図書館運営専門委員会. ”先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース”.  http://www.u-gakugei.ac.jp/~schoolib/htdocs/index.php?page_id=13 
成績評価方法 レポート(第1回~8回相当)30% 演習課題(第9回~14回授業内演習)40% 最終レポート(科目全般を通じ学んだ結果による学校図書館活用授業案の作成)30%  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス、学校図書館メディアの意義と役割
2学校図書館メディアの種類と特性(1)活字資料 
3学校図書館メディアの種類と特性(2)電子資料、特別支援教育とメディア 
4学校図書館メディアの種類と特性(3)情報の発生から出版流通、地域資料  
5学校図書館のコレクション構築と組織化の流れ 
6学校図書館メディアの選択(1) 考慮するポイント、予算、組織等
7学校図書館メディアの選択(2) 収集⽅針、⽅法等
8学校図書館メディアの選択(3) コレクションの評価と更新
9学校図書館メディアの組織化(1) 配架(レイアウト)と分類 日本十進分類法(NDC)の概要
10学校図書館メディアの組織化(2) 分類演習1
11学校図書館メディアの組織化(3) 分類演習2 NDCを教える授業
12学校図書館メディアの組織化(4) 目録演習1 日本目録規則(NCR)の概要
13学校図書館メディアの組織化(5) 目録演習2 MARC(目録の機械化) 
14学校図書館メディアの組織化(6) 件名と索引 基本件名標目表(BSH)の解説、外部資源へのアクセス
15学習環境の変化と今後の課題
授業時間外における学習方法  コロナ禍の環境変化に伴う学校図書館の現況を、WEBサイト”授業に役立つ学校図書館活用データベース”を通じて参照して下さい。
可能な範囲で、大学、実習先の学校、公共図書館の児童コーナー、国際こども図書館等、①メディアのレイアウトの工夫②メディアのアクセス方法の2点を観点に、分析する機会を持って下さい。 
授業のキーワード 学校図書館メディア 学校図書館コレクション 司書教諭 学校司書 分類 目録 日本十進分類法 日本目録規則 件名標目表 メディアへのアクセス 
受講補足(履修制限等) ・CAP制の対象外科目です。資格関連科目として,履修科目登録の上限設定からは除外されます。 
学生へのメッセージ 学校図書館活用の基盤となる実務知識のエッセンスを、コンパクトにお伝えします。習得後は、学校図書館、公共図書館、大学図書館の見え方が変わってくることでしょう。
 使いやすい学校図書館とは何か。
 司書教諭として、学校図書館を構築し探究的な学習等で活用するために、学校図書館を作っていく内からの視点、児童生徒とメディアをつなげていく外からの視点、二つの視点から学校図書館を追究していきます。 
実務経験のある教員による科目 〇学校図書館、公共図書館実務経験者による現場経験による授業 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式 オンデマンド型教材の配信によるものと、ライブ配信を併用して行います。 
その他  第9回以降の演習で使用する日本十進分類法、日本目録規則、基本件名標目表は、日本図書館協会の協力により、電子版を配信する予定です。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.