タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60402900 
科目名   学校図書館メディアの構成  
担当教員   渡辺 暢恵  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻自由選択、初等教育教員養成課程英語選修自由選択、中等教育教員養成課程家庭専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻自由選択、中等教育教員養成課程技術専攻自由選択、中等教育教員養成課程理科専攻自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、中等教育教員養成課程書道専攻自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免自由選択、中等教育教員養成課程音楽専攻自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース自由選択、中等教育教員養成課程数学専攻自由選択、中等教育教員養成課程国語専攻自由選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース自由選択 
備考  教職に関する科目(選択) 
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標 新学習指導要領で重視される主体的・対話的で深い学びに必要不可欠な学校図書館を授業で使えるように、基本的な分類、全教諭が使いやすく,児童生徒が親しめる環境づくりを習得する。また、自身が図書館を積極的に活用できるように理解を深める。 
内容 今期の「学校図書館メディアの構成」は,遠隔形式(オンデマインド)で実施します。この講義は,司書教諭としてまた,教諭になった際に活用できる実践的な内容を多く盛り込んでいます。皆さん自身のより良い図書館の活用にもつながります。 
テキスト なし。毎回、プリントを配布。 
参考文献 『実践できる司書教諭を養成するための学校図書館入門』(ミネルヴァ書房) 
成績評価方法 ・毎回の提出物を評価します。
・NDCクイズや、学校図書館だよりなどの提出物を評価します。
・オンライン(オンデマンド)なので,全15回,取り組んでください。 
授業スケジュール(展開計画) 4.15 1. 講義全体についての説明 学校図書館の機能,司書教諭の役割
4.22 2. メディアの収集①学校図書館メディアの種類と特性  学校図書館法
4.29 3. メディアの収集②購入する図書の選び方 購入リスト作り
5.06 4. 組織化① 分類の意義 日本十進分類法(NDC)の仕組み 
5.13 5. 組織化② 日本十進分類法 第三次区分 
5.20 6. 組織化③ 日本十進分類法 分類の考え方 
5.27 7. 分類のクイズ作り
6.03 8. 組織化④ 図書の装備 データ入力(目録)
6.10 9. 配架・蓄積 学校図書館のレイアウト作り留意点
6.17 10.提供・活用 新刊展示会 NDCを使った授業例
6.24 11. 管理・更新
7.01 12. 全校への定着 オリエンテーション 利用案内作り
7.08 13. ハンデイのある児童生徒に対応するメディアの構成と利用
7.15 14. 市内・学校間の連携 学校図書館支援センター
7.29 15. 全体のまとめ 最終レポート
 
授業時間外における学習方法 ・図書の分類に関心を持って、大学図書館、公共図書館、学校図書館を見てください。
・送付資料は,プリントアウトして保存し,復習してください。
 
授業のキーワード 学校図書館を有効に活用し,主体的・対話的で深い学びを促す授業を構成できる教師をめざす。
自分自身が公共図書館、大学図書館等、どこの図書館も使えるようにし、積極的な人生を過ごせるようにする。
 
受講補足(履修制限等) CAP制の対象外科目です。資格関連科目として,履修科目登録の上限設定からは除外されます。 
学生へのメッセージ 児童生徒に確かな学力を身につけさせ,保護者からも信頼される教師は,学校図書館を上手に使うことができます。この講義では,学校図書館の分類,指導に活かす本の選び方などを具体的に扱います。司書教諭にならなくても教諭としてぜひ知っていてほしい内容です。 
実務経験のある教員による科目 東京学芸大学A類国語科卒。千葉県佐倉市で12年間小学校教諭,その最後の3年間は図書主任を担当しました。
家庭の事情で退職後,千葉市で学校司書として勤務し,これらの経験をもとに『子どもが生き生きする学校図書館づくり』(黎明書房)等を執筆しました。2005年より8年間,千葉県柏市教育委員会で学校図書館アドバイザーとして市内全校の学校図書館づくりを支援し,司書教諭,学校司書の研修を企画しました。並行して,筑波大学大学院で図書館情報学の博士号を取得しました。現在も,依頼のある自治体の学校図書館に関する研修を行い,アドバイスをしています。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 授業実施方法は,遠隔形式(オンデマンド)です。パワーポイントに声を入れたビデオを授業のある木曜日までに送りますので視聴してから,課題に取り組んでください。毎回,前回の提出の中から質問や意見を紹介して共有します。その際,氏名は公表しません。 
その他 最終レポートの日と,採用試験等が重なる場合は事前にメールで連絡をください。その他質問もどうぞ。
nobue-w@amber.plala.or.jp
 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.