タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60400600 
科目名   学校図書館入門  
担当教員   近藤 由紀彦  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S410    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース自由選択、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程 教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程国語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程社会選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国際教育選修教科・教職(共通SE、 
備考  共通SE 
ナンバリング   131E11 
ねらいと目標  教育課程の展開に寄与する学校図書館の役割を理解し、「主体的・対話的で深い学び」という授業実践にあたって学校図書館を活用できる教員としての意識を育て、力量を高めることが目標です。 
内容  まず、学習指導要領の重点とその背景にある状況を押さえ、求められている教育の方向性を認識していきます。次に学校図書館とは何かを理解し、教科との連携の中で「主体的、対話的で深い学び」を展開する具体案を探ります。また、学校図書館の活用について課題学習を通して捉え、学校図書館を活用した授業づくりを具体的に考察していきます。 
テキスト 必要に応じて資料を配付します。 
参考文献 『学校図書館の活用名人になる』全国学校図書館協議会編 国土社 
成績評価方法 〇テキスト分析等の課題への取組 80%
〇最終テストによる評価 20% 
授業スケジュール(展開計画) 01学習指導要領の重点と目標とその背景にある児童生徒の実態、社会的状況等
02学校図書館とは 学校図書館法 ユネスコ宣言 国会図書館宣言等
03探究的な学習と学校図書館
04メディア活用能力の育成(1)
05メディア活用能力の育成(2) 小学校における指導事例
06メディア活用能力の育成(3) 中学校・高等学校における指導事例
07学校図書館を活用した学習指導の事例(1)教科指導と学校図書館の活用
08学校図書館を活用した学習指導の事例(2)道徳・特別活動等と学校図書館の活用
09読書の意義と児童生徒の読書の実態
10読書指導の事例(1)小学校における指導事例
11読書指導の事例(2)中学校・高等学校における指導事例
12図書館のメディアを活用した授業展開例の作成(個人作業)
13各自が作成した授業展開例のいくつかを紹介し、検討する
14諸外国にみる学校図書館の活用
15全体の振り返りと最終テスト  
授業時間外における学習方法 〇大学図書館及び公共図書館の活用
〇課題読書の分析と記述 
授業のキーワード 探究的な学習 メデイア教育 主体的・対話的で深い学び 論理的思考力 
受講補足(履修制限等) 初回授業日以前に履修登録をして授業に関する説明の資料をウェブクラスで閲覧してください。 
学生へのメッセージ  今、求められている「主体的、対話的で深い学び」の実践には学校図書館の活用が不可欠です。学校図書館の機能を理解し活用できる教員をめざし、主体的な姿勢で受講してください。 
実務経験のある教員による科目 現職の司書教諭または学校司書を招いて実践的な話を聴く機会を設ける予定です。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  秋学期の授業は対面式で行えるものと期待しています。大変ですが、毎回記述式の課題を出します。講評は翌週に行います。コラムと称した読み物もデータをアップするようにします。質問・相談は大歓迎です。授業のローカル・ルールについては第1回目の授業の際に伝えます。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.