タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-その他 
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60009800 
科目名   多文化共修科目D  
担当教員   有澤 知乃  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N313    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  総合学芸領域:選択共通 
備考  CA:その他 
ナンバリング   111942 
ねらいと目標 さまざまな国や地域から来た学生が学び合い、世界の民族とその文化について多様な視点から考察できる力を身につける。 
内容 世界の音楽,演劇,舞踊,宗教儀礼などの表現芸術について学びます。講義では映像を用いて具体的な事例を紹介します。ゲスト講師を招いて実演を行ってもらう回もあります。学生自身も講義で学んだテーマについて各自で調べ、その歴史や特徴について、小グループに分かれて報告をおこないます。それぞれの国や民族における文化の共通点や相違点についても意見交換をおこないながら考えを深めていきます。学期末にはグループごとにテーマを考え発表を行います。伝統芸能だけでなく、現代の新しい文化について発表することもできます。これまでのグループ発表で取り上げられたテーマ:国歌、音楽教育、先住民族の文化、多民族国家の言語教育、結婚式の儀礼、仮面演劇、伝統楽器を使った現代的な音楽、など。 
テキスト 特に定めません。 
参考文献 授業の進捗状況に応じて紹介します。 
成績評価方法 (1) 毎回の授業の準備(課題)とグループ活動への参加状況 70%
(2) レポート30%
 
授業スケジュール(展開計画) 暫定スケジュール
1. 授業の概要説明
2. 遊び歌・子守歌
3. 愛の歌
4. 楽器と音楽
5. イスラム教の祈り(コーラン・アザーン)ゲスト講師 (対面 )
6. アイヌ民族の歌・踊り・楽器 ゲスト講師 (対面)
7. 宗教音楽・祈り・儀礼 
8. 先住民族の文化・芸能
9. グループ発表の準備(グループ分け・テーマ決定)
10. グループ発表の準備(構想・進捗状況の発表)
11. グループ発表の準備(最終準備)
12. グループ発表(グループ X・X)
13. グループ発表(グループX・X)
14. グループ発表(グループX・X)
15. 振り返りとまとめ
 
授業時間外における学習方法 インターネットを利用して様々な国や地域の表現芸術について調べる 
授業のキーワード 民族、音楽、舞踊、演劇、宗教、儀礼、祭り、表現芸術 
受講補足(履修制限等) *聴講も可能ですが最後まで継続して出席できることが条件となります。
*留学生は、原則として日本語プレースメントテストでレベル1または2のみ受講を認めます。レベル3の場合は、会話が得意な人は受講できることもありますので相談して下さい。 
学生へのメッセージ 留学生と一緒に世界の様々な文化に触れながら異文化理解や多文化共生社会について考えてみましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) COVID-19により留学生が渡日できない場合はZoomでの双方向型(リアルタイム)の授業を行います。渡日できた場合は対面授業に移行する可能性もあります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.