タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-環境教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60652800 
科目名   博物館と展示の活用  
担当教員   吉冨 友恭  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   多目教     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程環境教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132471 
ねらいと目標 ・自然に関する知識や情報を展示を介して人に伝えるための考え方や方法について学ぶ。
・博物館における展示の傾向や課題について説明できるようになる。
・地域や学校と博物館のかかわりや展示の活用の具体的なイメージをもてるようになる。
・小規模な展示を企画・提案できるようになる。 
内容 自然の事物・事象の捉え方と展示によるそれらの表現、具体的な制作や活用の方法について学習する。事例として水族館、動物園、博物館等をとりあげ、展示の理論や方法に関する知識を習得する。授業の中では学外実習の機会を設け、実際の展示の現場を見学し、小規模な展示の企画・提案にも取り組む。 
テキスト 特に定めない。 
参考文献 「展示論ー博物館の展示をつくるー」日本展示学会編/雄山閣(2,860円)、「展示学事典」日本展示学会編/丸善出版(20,000円) 
成績評価方法 課題(レポート等)の内容、授業・実習への取り組みの姿勢および出席状況に基づく。課題(レポート等)50点、平常点50点。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1開講にあたって(資料・課題)
2自然の見せ方・水族館(講義)
3自然の見せ方・動物園(講義)
4自然の事物の見方と解説(学内実習・課題)
5自然の事物の見方と解説(発表)
6展示の役割と諸形態(資料・課題)
7展示の計画と制作(講義)
8展示評価と来館者調査(講義)
9企画展と巡回(講義)
10展示の企画(講義)
11展示の企画(資料・課題)
12展示の見学(学外実習)
13展示の企画(学外実習)
14展示の提案(学外実習)
15提案書の作成(資料・課題)
授業時間外における学習方法 博物館等の展示の見学、ウェブサイトで提供されている展示に関する資料の閲覧、動画コンテンツの視聴等。 
授業のキーワード 博物館、展示論、自然解説、企画・立案、環境教育 
受講補足(履修制限等) 履修者数を上限20名とする。この科目は学芸員資格科目「博物館展示論」に相当する科目となるため、学芸員資格取得希望者を優先する。 
学生へのメッセージ 自然をテーマにした展示やその企画に興味のある人を対象とします。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) オンライン(同期型、非同期型)および対面により実施する。  
その他 学外実習の分、講義回数を軽減する。学外実習は状況をみながら補講期間中に博物館等において実施する予定。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.