タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-環境教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60652500 
科目名   自然環境実験Ⅱ  
担当教員   山本 昭範,堂囿 いくみ  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   W301    開講学期   春学期  
曜日・時限   金5   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程環境教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133473 
ねらいと目標 生態系の物質循環機能および生物間相互作用に着目し、生物の関わる生態系・自然環境の仕組みを読み解くための専門的な知識を習得するとともに、卒業研究を行うための高度な科学的手法(室内・野外実験を含む)を学ぶ。 
内容 1.実験・発表を通して生物作用が関わる生態系の物質循環や生物間の相互作用に関する専門知識を学ぶ。
2.生態系で見られる生物的・非生物的な相互作用や自然環境を読み解くための手法を習得する。
3.研究課題の設定方法、課題解決に向けた科学的なアプローチ方法を習得する。 
テキスト 授業中に随時紹介する 
参考文献 授業中に随時紹介する 
成績評価方法 出席状況、授業への参画状況、レポート、プレゼンテーションの内容などを総合して判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1イントロダクション
2生物間相互作用の実験手法:植物         
3生物間相互作用の実験手法:昆虫          
4物質循環の実験手法:土壌               
5物質循環の実験手法:大気               
6実験課題の設定と実験手法の選定            
7実験実習1:課題に沿った実験準備           
8経過報告・実験実習2:実験実習1の報告と実験の継続   
9経過報告・実験実習3:実験実習2の報告と実験の継続   
10経過報告・実験実習4:実験実習3の報告と実験の継続   
11経過報告・実験実習5:実験実習4の報告と実験の継続   
12経過報告・実験実習6:実験実習5の報告と実験の継続   
13実験成果の発表と議論1:生物間相互作用に関する実験  
14実験成果の発表と議論2:物質循環に関する実験     
15まとめ
授業時間外における学習方法 各自が設定した実験課題の途中結果および結果解釈・考察のプレゼンテーションを毎週行うが、そのための追加実験やデータ整理等の作業は時間外の作業となる。 
授業のキーワード 生態系、温室効果、物質循環、共進化、保全 
受講補足(履修制限等) 理科実験(生物学、化学、物理学、地学)、地球環境論、植物進化生態学を履修済みであること。
受講希望者は事前に履修希望の旨を教員に連絡し、初回の授業に必ず出席すること。
履修希望者数によって人数調整を行う場合がある。
 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で実施する。ただし、感染症の状況等に応じて、遠隔形式(ライブ型)または対面形式と遠隔形式の併用で実施する場合がある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.