タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-環境教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60651700 
科目名   地域の環境学と農的体験Ⅱ  
担当教員   小柳 知代  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   多目教     開講学期   秋学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程環境教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132471 
ねらいと目標 生活文化を主体とした人間活動と地域環境との関係の理解に焦点をあて、地域の生態系を適切に管理し、生物文化多様性を保全・活用していくための考え方を学ぶ。 農山村の自然と生活文化に直接触れることで、地域が抱える課題や可能性を見出し、レポートや課題発表等を通じて自身の考え方を適切に表現できるようになる。 
内容 授業は対面で、講義とフィールドワーク、大学の教材植物園での農的体験を組み合わせて行う。農山村でのフィールドワークでは、村の人々の生活文化に対する聞き取りや体験を通して、地域の生物文化多様性に関する理解を深める。 
テキスト 授業内で適宜紹介する。  
参考文献 講義資料を配布し、必要に応じて関連書籍を紹介する。  
成績評価方法 平常点(フィールド実習での参加状況)40%
グループワーク課題発表40%
最終課題レポート20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2教材植物園での農的体験
3農村の生物文化多様性とは
4都市農村交流の可能性
5農山村フィールドワークの事前学習
6農山村フィールドワーク①村の紹介・村内の巡検(山梨県小菅村)
7農山村フィールドワーク②移住者との座談会(山梨県小菅村)
8農山村フィールドワーク③村の郷土料理の体験(山梨県小菅村)
9農山村フィールドワークの振り返り
10農山村の野生生物資源利用の過去と現在
11農山村の野生生物資源の活用
12世界農業遺産の取り組み
13伝統的生態学的知識の継承に向けた課題
14総合的な学習の時間における指導計画の立案
15成果発表会・フィードバック
授業時間外における学習方法 各回の授業前にWebClassに掲載された講義資料を読んでおくこと。
授業内で紹介する参考図書を入手しフィールドワーク前に読んでおくこと。
授業時に示した課題に対して、レポート等を作成し提出すること。 
授業のキーワード 生物文化多様性、伝統的知識、環境教育、グループワーク、アクティブラーニング 
受講補足(履修制限等) 宿泊を伴う農山村フィールドワークを予定していますが、状況に応じて日帰りのフィールドワークまたは別の内容に変更する可能性があります。フィールドワークの訪問先は、山梨県小菅村です。日程は、受入れ機関および受講者と調整し決定します。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.