タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-環境教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60650300 
科目名   環境教育選修入門セミナー  
担当教員   松川 誠一  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S106    開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程環境教育選修必修科目 
備考   
ナンバリング   131471 
ねらいと目標 この授業の目標は、大学で学ぶために必要となる基礎的なスキルを習得することである。大学の学習は、高度で複雑な内容を扱うだけでなく、学習者の能動的で探索的な学習スタイルを重視しているという点で高校以前での学習と大きく質的に異なっている。この授業では、新しい知識を学ぶというよりも、大学での学習に必要とされるスキル(技能)を経験しながら身につけることをめざす。 
内容 本学で学ぶことの意味や、大学生活の過ごし方について考えるほか、図書館の使い方や学術情報の検索の方法などを学び、担当教員の指導を受けながら、文献の読解や、レポート・論文の書き方の基本を身につける。また、社会・教育界の現状を知ることを通して、卒業後の職業・進路選択を意識する。 
テキスト 石井一成 (2011) 『ゼロからわかる大学生のためのレポート・論文の書き方』ナツメ社. 1188円
J・モーティマー・アドラー, V・チャールズ・ドーレン (1997) 『本を読む本』講談社, 994円 
参考文献 山口裕之 (2013) 『コピペと言われないレポートの書き方教室: 3つのステップ』新曜社 
成績評価方法 学期中の各種提出物(15%)、学期末レポート(85%)により評価を行う 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の概要説明、大学で学ぶということ
2東京学芸大学の歴史
3大学生としての生活
4キャリア・デザイン
5図書館の利用法① 図書館の機能
6図書館の利用法② データベースの利用法
7論文を「批判的に」読む①
8論文を「批判的に」読む②
9論文を「批判的に」読む③
10論文・レポートを書く①:テーマ設定の仕方
11論文・レポートを書く②:パラグラフ・ライティング
12論文・レポートを書く③:引用の仕方
13論文・レポートを書く④:レポートの相互批評
14口頭報告の仕方、レジメの作り方
15授業のまとめ、学期末レポートの指導
授業時間外における学習方法 授業中に次回の授業までに行う具体的な作業内容を指示する 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング、グループ学習 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則として対面形式で授業を実施する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.