タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-環境教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60650200 
科目名   環境教育と情報  
担当教員   山本 隆太  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S206    開講学期   春学期  
曜日・時限   金5   単位区分   必修  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132474 
ねらいと目標 様々な情報が⼦供の環境認識に影響を与える.初等教育段階を中⼼として環境認識に関わる情報を理解し,授業における情報活⽤技術を習得する.具体的には,体験によって得られる情報,メディアなどを通じて得られる情報,授業により獲得される情報を理解しそれぞれの環境教育における有意性を捉えた上で,授業における展開法を習得する. 
内容 児童を中⼼に環境に対する興味や関⼼,態度などの状況を概観する.その上で,興味や関⼼態度と情報の関わりを考える.また,⾃ら情報を収集・作成し,環境教育に有意な情報を考察する. 
テキスト 資料等を適宜配布する 
参考文献 講義ごとに適宜紹介する 
成績評価方法 レビューシートなどの提出物(60%)および試験課題(40%)を総合して評価する 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1児童の環境認識
2⽣徒の環境認識
3環境認識に関わる情報
4⼀次情報の収集について
5図表など⼆次情報の作成について
6児童の環境に対する興味関⼼と情報
7児童の環境に対する態度と情報
8環境情報としての教科書の扱い
9環境情報としてのメディアの扱い
10環境情報としての絵の扱い
11環境情報としての写真の扱い
12授業で⽤いる「環境認識に関わる情報」とその効果に関する発表(1)グループA
13授業で⽤いる「環境認識に関わる情報」とその効果に関する発表(2)グループB
14授業で⽤いる「環境認識に関わる情報」とその効果に関する発表(3)グループC
15授業のまとめ、期末試験及び試験の解説
授業時間外における学習方法 授業で提示した課題について、当該授業内で終わらない場合には次回授業時までに完了させるとともに,授業の内容を復習しておくこと 
授業のキーワード 環境教育,学習指導要領,ICT,アクティブ・ラーニング,フィールドワーク 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 状況を見ながら都内・日帰りでのフィールドワークを行う予定です。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.