タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-環境教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60006700 
科目名   学校園の基礎と展開  
担当教員   小柳 知代  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   別途指示    開講学期   春学期  
曜日・時限   月1   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  総合学芸領域:分野C共通 
備考  CA:(C)領域 
ナンバリング   112471 
ねらいと目標 学校教育の現場に学校園(学校ビオトープ)を取り入れ活用していくために必要となる基礎的な知識や実践の方法を学ぶ。教材植物園をフィールドとして、様々な作物の栽培および収穫を体験する。 授業を通じて、学校教育現場において、学校園を活用した授業を主体的に展開できるようになる。 
内容 授業は、講義(遠隔形式)と野外での実習(対面で2回)を組み合わせて以下のような内容で行う。
・学校園のイメージの具体化
・里山の生物多様性と学校園の役割
・学校園における外来種の問題
・学校園の構成要素と活用事例
・植物(野菜や草花)の栽培
・農作物の収穫と加工
・その他(植物標本の作成、温室の活用、等)  
テキスト 授業内で紹介する。  
参考文献 講義資料を配布し、必要に応じて関連書籍を紹介する。  
成績評価方法 平常点(各回の授業で提示する小レポート)60%
栽培レポート 20%
最終課題 20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス(学校園、学校ビオトープとは?)
2幼少期の自然体験の重要性 ※1
3学校園の維持管理目標と里山生態系 ※1
4里山の生き物
5水田の生き物と稲作体験
6都市の生き物
7生物多様性への理解
8外来種の問題
9学校園の活用事例(全国学校・園庭ビオトープコンクールより)
10学校園の活用事例(自由学園の取り組みより)
11学校園と食育
12学校園とものづくり
13学校園の活用策の提案
14最終課題の発表・農園収穫祭 ※2
15最終課題のフィードバック・農園収穫祭 ※2
授業時間外における学習方法 各回の授業前にWebClassに掲載された講義資料を読んでおくこと。
地域の身近な自然に関心を持ち、公園や緑地の巡検を行うこと。
授業終了時に示す課題について小レポートまたはレポートを作成すること。
授業内で紹介する参考図書を入手し読んでおくこと。 
授業のキーワード 環境教育、環境学習、自然体験、ビオトープ、生物多様性、生態系管理 
受講補足(履修制限等) 授業は基本的には遠隔形式で実施しますが、スケジュールで※1・※2と示した2回分は、受講者を2グループに分けて、大学の農園で対面で実施する予定です。野外での活動日は天候に従いますのでスケジュールが前後する可能性があります。WebClassのお知らせを適宜確認するようにしてください。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的には遠隔形式で実施し、2回のみ対面で実施します。対面授業に参加できない人には別課題を提示します。対面授業の詳細は、授業内で説明します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.