タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60631000 
科目名   国際教育演習A  
担当教員   小山 英恵  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S207    開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国際教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133392 
ねらいと目標 国際教育の実践においてはパフォーマンス評価の活用が求められている。パフォーマンス評価を活用すると授業がどのように転換するのか、またそれが国際教育の実践とどのようにつながるのかを理解することを目標とする。 
内容 本演習では、教育評価の基礎理論を学習したうえで、パフォーマンス課題やポートフォリオ評価法を取り入れたカリキュラムデザインに関する理論と実践を学ぶ。 
テキスト 授業時に指示する。 
参考文献 授業時に提示する。 
成績評価方法 授業中の課題および学期末課題により評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回 オリエンテーション 本講義の目的と概要を理解する
第2回 教育評価の基礎理論 
第3回 現代の教育改革と教育評価のあり方 
第4回 ポートフォリオ評価法と総合学習のカリキュラム
第5回 ポートフォリオ評価法の実践①中学校
第6回 ポートフォリオ評価法の実践②小学校(国際)
第7回 ポートフォリオ評価法の実践③小学校(環境)
第8回 パフォーマンス評価の意義
第9回 パフォーマンス課題とは
第10回 パフォーマンス評価の実践①中学校
第11回 パフォーマンス評価の実践②小学校
第12回 ルーブリックづくり① 教材研究
第13回 ルーブリックづくり② 発表
第14回 ルーブリックづくり③ 作成と検討
第15回 まとめ 学期末課題
 
授業時間外における学習方法 テキストの予習および課題の実施。
 
授業のキーワード パフォーマンス評価、ポートフォリオ評価法 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式で実施予定。ライブ配信とオンデマンド型の両方を含む。初回の授業時に必ずWebclassを確認すること。(初回はライブ配信の予定) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.