タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60630400 
科目名   国際教育特別研究  
担当教員   戸田 孝子,橋本 美保,渋谷 英章,榊原 知美,小山 英恵  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   月1   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国際教育選修必修科目 
備考   
ナンバリング   133392 
ねらいと目標 卒業研究(学術論文または、実践的フィールドスタディーの課題研究)へ向けての基礎を築く。
国際教育選修としての専門的な識見の向上をはかり、研究テーマの設定や研究方法に関して主体的に取り組み、
自らの関心テーマの探究を深めることを目指す。
 
内容 今年度から、4年次卒業研究の準備としての、各自の探究テーマに基づく、「国際教育特別研究」の内容に、選択の幅が広がる。一つは、従来通りの、文献研究や学術的調査に基づく卒業研究、もうひとつは、学校ボランティアなどのフィールドスタディーを計画し、そこでの実践的研究に基づく課題論文です。どちらかを選択し、4年次2月に、卒業研究として成果をまとめ発表する。
3年次、「国際教育特別研究」では、各自の探究テーマの設定、先行となる研究や実践の下調べ、4年次卒業研究へ向けての計画などを、この授業で目指す。今年度から、アンケ―ト調査に基づき、複数教員の指導を受けられる形に変更する。指導の詳細は、10月に追って連絡。 
テキスト 適宜指示する。 
参考文献 適宜指示する。 
成績評価方法 4年次卒業研究(文献に基づく学術論文、または、フィールドスタディーに基づく課題研究)へ向けての準備としての基礎研究および研究計画書の提出により評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 初回の実施方法は、ポータルメッセージで10月に連絡する。
これまで、1年次より各自、国際教育において興味・関心もって取り組んできたテーマの探究の進捗状況および、今後卒業研究へ向けて、学術論文やフィールドスタディー等にもとづく課題研究を行う上での、テーマ設定や、研究計画を立てるために、複数教員の指導を受ける。
第1回:オリエンテーション(研究の進め方)詳細は、ポータルメッセージで連絡する。
第2回~第14回:1・2年次より関心を持って進めてきた各自のテーマについてのまとめと卒業研究へ向けての先行研究の下調べ、卒業研究計画の作成へ向けて、主体的に研究を行い、2月はじめに、その基礎研究の報告書、及び、4年次卒業研究計画書を提出する。  
授業時間外における学習方法 各自のテーマにより、文献収集、フィ―ルドスタディー情報収取、卒業研究へ向けての基礎研究を進める。 
授業のキーワード 国際理解・国際教育・先行研究・フィールドスタディー・研究計画 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 今年度からの変更により、これまで事前にゼミ分けのために行なっていた6月のプレ卒構想発表会は実施せず、秋学期本授業で、探究テーマの決定や研究方法について、複数教員のアドバイスを受け、各自の研究を進めていく。詳細は、10月に、受講生へポータルメッセージで連絡。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 教室や研究室における対面形式とTeamsにおける遠隔形式のハイブリッド。状況に応じて変更する場合があるので、10月にポータルメッセージおよびシラバスを再確認するように。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.