タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60630200 
科目名   国際教育選修入門セミナー  
担当教員   戸田 孝子,渋谷 英章,橋本 美保,榊原 知美,小山 英恵  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S102    開講学期   春学期  
曜日・時限   木3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国際教育選修必修科目 
備考   
ナンバリング   131391 
ねらいと目標 本学での勉学を始めるに当たり、本学の学生として社会・教育界から期待されることに思いを致し、あわせて円滑に大学生活に入っていくために必要な方法を身につける。また、大学での勉学のあり方は、自ら課題を発見し、自ら考え、自らの言葉で発表するなど、能動的な姿勢が常に求められる。そのために必要となる、文献の読解能力や、演習などの授業で必須となる発表やディスカッションの方法、及びレポートの執筆方法などを習得する。(全学共通)  
内容 内容 本学で学ぶことの意味や、大学生活の過ごし方について考えるほか、図書館の使い方や学術情報の検索の方法などを学ぶ、また、社会・教育界の現状を知ることを通して、卒業後の職業・進路選択を意識する。さらに、所属する専攻・選修ごとに演習課題が設定されるので、担当教員の指導を受けながら、文献の読解や研究成果の発表、受講者相互のデスカッションなどを行ってく。(全学共通)
 
テキスト 購入を義務づけるテキストはない。
 
参考文献 授業中に適宜提示する。
 
成績評価方法 授業の予習としての文献検索やディスカッションの準備。
講義ノートの整理と考察。
ディスカションにおける傾聴の姿勢と発展的な見解の提示。
個人発表における課題設定と取り組み。
グループ発表のための役割分担と責任。
学期末発表における他者のテーマと成果への関心。
レポートにおける分析視点と考察。以上により総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1.オリエンテーション(大学で学ぶことの意義について考える。国際教育研究室紹介)
2 大学での学び方の特質(高等学校までの学習との違いを理解し、主体的な学びと計画の必要性について理解する。図書館の利用法、学術情報の収集法を、附属図書館と講義室でのWeb検索で学ぶ。)
3.現代社会を見る上での学問上の諸課題を概観し、専門である国際教育としてのテーマを位置付ける。
4.教育史の立場からのアプローチを概観する。
5.教育制度史の立場からのアプローチを概観する。
6.異文化間心理学や発達心理学の立場からのアプローチを概観する。
7.教育内容・方法・カリキュラム論の立場からのアプローチを概観する。
8.比較教育思想史の立場からのアプローチを概観する。
9.自分たちの受けた教育を振り返り、現代教育の課題についてディスカッションする。
10.研究テーマを決める。文献を調べ、学術的引用方法を学ぶ。
11.テーマ別に、グループで、収集した資料を分析する。
12.プレゼンテーションを準備する。
13.テーマ別プレゼンテーションⅠ
14.テーマ別プレゼンテーションⅡ
15.まとめと振り返り、学期末レポートの作成  
授業時間外における学習方法 講義や討論での新知見を整理して記述する。
参考文献を検索する。資料を分析的に読み引用と考察を記述する。
プレゼンテーションスライドを作成する。
学期末レポートを作成する。  
授業のキーワード 学問の方法、現代社会の諸課題と教育、国際教育の位置づけ、さまざまなアプローチ、主体的な学び、創造的学び。  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 現代という時代の見方・国際教育の位置づけ、大学での学術的なアプローチについて概観し、主体的な学びの一歩を踏み出します、創造的な学びのために、自立した個のスタンスを提示すること、ディスカッションやプレゼンテーションを行う課程で、大学での学び方の基礎を身につけていきます。
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) Teamsによる遠隔形式と教室における対面形式を、テーマや状況に応じて混合予定のハイブリッド型授業。
詳細は、受講生(国際教育選修 1年生)へポータルメッセージで送るので、受講中はポータルメッセージに注意するように。遠隔授業「国際教育選修入門セミナー2021」チームのコードは、pvl27u7 である。このチームのライブへの参加方法についても、詳細をポータルメッセージで連絡する。チームへのリンクは、https://teams.microsoft.com/l/team/19%3a4a6a6511f0824f9ebd17eb535d7df52e%40thread.tacv2/conversations?groupId=defafa8a-25df-405d-b1ae-eb4a6a38b990&tenantId=3e0c5f25-26b7-487d-92d9-d1ce08ce5a5b 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.