タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60401500 
科目名   教育思想史  
担当教員   戸田 孝子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S405    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程社会選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国際教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程国語専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース教科・教職(選択)、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ナンバリング   142391 
ねらいと目標 本授業は、教育・及び教育支援職を志望している受講生を、自分自身の哲学を創造し、異文化の他者に傾聴して、互いが向かっていきたいと思えるようなビジョンを描いていけるように、哲学的思考力の基礎を養い、その成果を共有するチャンスを与えることをねらいとしている。主に哲学が専門ではない学生達が、日常あまり交わさない、それぞれの考えの深みを表現してみることによって、哲学的思考の基礎を鍛えていくアクティブラーニングを用意している。教職科目としては、就職後に、①対峙すする現実から課題解決の糸口を発見する力、②実践課題に対する論理と直観の総合的活用力、③先人達が時間と労力をかけて掴んだ「人を育てる営みに対する思考の成果」を積極的に活用しようとする姿勢を養うことに、この授業が位置付けられる。  
内容 第1回は、クラスTeam ライブの予定(状況によってハイブリッドになる可能性もあるので秋学期にシラバスを再確認するように)。第1回、講師から「授業の目的と方法」についてライブ講義があり、後半で、各自、「エントリーシート」をダウンロードし、「教育において大切にしたいこと」及び「この授業において探求したい哲学的テーマ」について記述し「第1回課題」として提出する。第2回は、エントリシート」の内容に基づいてShare Pintのスライドで意見交換と小グループchannelで討論。第3回~14回は、Teamで、自分の探究したいてテーマで、個人またはグループ研究。発表により、進捗状況をクラスで共有。各回、活動報告とそこで得られた新知見や考察をクラスTeamへ出席確認の課題として提出。最後の発表後、「学期末レポート」提出。最終回、試験に設定されているが、研究した学生は免除される。この授業で扱われてきたテーマ:「生きる目的」「幸せになるためにはどうすればいいか」「先人の幸福論」「人の命とは」「真の自由」「言語の人間にとっての意味」「哲学と心理学の違い」「西洋人の考える10代の哲学」「人生100年時代の哲学とは」「思想と宗教の教育との関わり」「現代日本人の善悪観」「現代の学校の限界」「人間関係の哲学」「AIと人間」「思想史の中の教育」「教員採用試験にでる教育思想家とその著作・思想」「エゴ?自己実現?協調?」「多文化・多様性と教育」「差別・いじめ」「現代の大学教育の在り方」「大学入試はどう変わるべきか」「文系・理系・学際」「現代人の精神分析」「仏教や神道と日本の年中行事をどう説明するか」「現代の犯罪」「こどもの貧困」「良い子・悪い子という概念」「食と思想」「世代観の価値変容」「哲学諸々」「なぜヒトは学ぶのか」「他者理解」「排除性」「同調圧力」「空気を読む」「学級崩壊をめぐる言説の混乱」「教育格差と教育政策」「教育格差と意思」「高等教育における教養教育」「本当の意味の共感とは」など。  
テキスト 共通に購入しなければならないテキストはない。
基本文献は、授業中に紹介する。

 
参考文献 適宜指示。  
成績評価方法 以下による総合評価
①毎回チームズに授業参加記録または、研究活動報告を提出する、短い活動記録と考察により、出席と授業参加態度を評価する。
②最後の発表の後、テーマ別探究グループにおける発表に至るまでの過程で得られた「新知見と考察」を「学期末レポート」としてまとめ、提出する。これにより、思考の成長を評価する。
③学期末試験(発表しなかった場合)授業で話し合われた内容を元にした、およそ50問の考察問題から複数問を選択し、論述した小論文を提出する。思考の成長を評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ライブ:Teamsライブ コードは秋学期に掲示。
この授業の目的と方法についてのライブ講義を受ける。受講方法の質疑応答。
後半は、Teamsの「ファイル」に保存されたエントリー・シートをダウンロードし、各自記入する。Teamsの「第1回課題」に、記入した「エントリー・シート」を提出する。
2ライブ:Teams 
SharePointの使い方の演習と、Channelにおけるグループワークの演習を行う。まず、ライブで、演習方法について指導を受ける。事前に、講師が、エントリー・シートの提出状況に基づき、TSharePointに、各自の意見を書き込むための欄を設定,指示に従い、各自、エントリー・シートの内容に基づき、自分の意見を完結に書き込む。
講師が、Channel の使い方を説明する。15分間 channelでの小グループ活動を試みる。指定時刻に、初めの画面に戻り次週の活動についてアナウンスを受ける。
3ライブ:Teams
Teamsの「チャンネル」(グループ)で活動、チームの「一般」(クラス全体の画面)で、発表を行なう。第3回は、講師からライブで、新しい協働Teamの Channelの使い方について指導を受ける。自分の関心のあるテーマのグループChannelをクリックし、同じテーマに関心をもつメンバーと顔合わせ、次回からの探究計画(資料収集の方法、探究のための討論とノートの取り方、進捗状況の発表準備のためのパワーポイントの協働制作、グループ発表の予約日など)の構想を立てる。第4回以降、計画に沿って探究をはじめ、月に1度、探究の進捗状況の報告をTeamの一般(全体の)スクリーンで行う。発表予約は、第4回以降、話合いの区切りのよいところで、Teamの一般画面上の「ファイル」に保存されている「グルプ発表予約票」に予約を入れ、各回のはじめの部分でライブで行う。区切りがついたら、別のテーマのチャンネルに移動しても構わない。質問は、一般画面で講師へのチャットやカメラ・電話機能で行う。
4第4回~第14回:第3回で立てた計画に従って各テーマごと探究をはじめる、月に1度、探究の進捗状況の報告をTeamの一般(全体の)スクリーンで行う。発表予約は、第4回以降、話合いの区切りのよいところで、Teamのファイルに保存されている「グルプ発表予約票」に予約を入れ、発表予約のある回は、各回のはじめの部分でライブ発表・質疑応答を行う。発表後、そのテーマについて、区切りがついたら、別のテーマのチャンネルに移動しても構わない。グループ活動での質問は、一般画面で講師へのチャットやカメラ・電話機能で行う。毎回、(ライブで資料検索を行わないグループでも1週間に1度は必ず)グループ活動への自身の参加状況とそこで得られた新知見を書いて、「第〇回課題」として、チームの「課題」へ提出する。
5同上(詳細は、第3回に学生の探究したいテーマと人数により決定し、探究計画、発表予約の仕方等Teams一般画面ににアナウンスする)
6同上
7同上
8同上
9同上
10同上
11同上
12同上
13同上
14グループ発表の予約をこの日に入れても構わないが、「ファイル」の予約票の発表時間が、全体で、90分を超えることはできないので、なるべく、13回以前に発表予約をする。メンバーの急な欠席のための発表予備日としておくことが望ましい。
15発表した学生は、探究グループにおける発表に至るまでの過程で得られた「新知見と考察」を「学期末レポート」としてまとめ、「課題」として提出する。グループ活動に参加せず、個人で研究し発表をしなかった学生は、学期末試験(授業での発表や質疑応答・講評の内容を元にした、およそ50問の考察問題から、複数問を選択し、論述する。
授業時間外における学習方法 授業注に適宜指示する。 
授業のキーワード アクティブラーニング・教育を哲学する・教育を考えるための人間の根本問題や現代社会の問題を哲学する・先人の考えに学ぶ・いろいろな専攻の人と語る・本音で表現してみる・自分を知る・自分達を知る・こどもにしてあげられることを考える・将来の自分達が創る教育のビジョンを描いてみる・自分や自分達にしてあげられることを発見する  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 将来共に働く、さまざまな専攻の人たちと、教育・学び・成長についての考え方をシェアすることのできるアクティブな授業です。哲学や思想に興味のある人もない人も、積極的に考えを述べたい人も、聞き上手な人も、それぞれの才能をを発揮して参加してください。探究を進める上での相談や提案は積極的にして頂いて構いません。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式を予定しているが、状況に応じて、教室での小グループの討論が安全となれば、対面の実施への変更もありうるので、10月に再度シラバスを確認すること。また、第1回は、Teamsのライブを予定しているので、コードやリンクについても、10月にシラバスを確認して参加すること。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.