タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60400200 
科目名   日本教育史  
担当教員   宮野 尚  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   C401    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火1   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国際教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程理科専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程社会選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース教科・教職(共通SE、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ナンバリング   143391 
ねらいと目標 本講義では、学生が古代から近現代までの各時代における組織的な教育の理念や実践の特徴を理解し、今日の学校教育の目的や方法などを、それが形成されてきた歴史的要因に照らして反省する視点を獲得することを目指す。 
内容 (1) 古代・中世の教育では、日本における組織的な教育の起源について講義し、その性格と特徴について解説する。
(2) 近世の教育では、江戸期の組織的な教育をみることで、日本の近代教育制度の成立基盤(レディネス)を考える。
(3) 近代から戦中期の教育では、学校教育の制度化に伴い歪みが生まれていく過程と、その克服に向けた実践改革の様相について講義する。
(4) 戦後の教育では、教育理念が見直され、民間教育運動を通して理念の実現が図られていく過程を辿り、その中で生じた課題を考察する。
以上を通して、現代日本の学校教育がどのような反省に立って行われているのかを考える。 
テキスト 特に指定なし。 
参考文献 (1) 寄田啓夫・山中芳和(編著)『日本の教育の歴史と思想』(Minerva教職講座)、ミネルヴァ書房、2002年。
(2) 田中智志・橋本美保(編著)『教育の理念・歴史』(新・教職課程シリーズ)、一藝社、2013年。
(3) 片桐芳雄・木村元(編著)『教育から見る日本の社会と歴史』第2版、八千代出版、2017年。
この他、毎回の講義内容に関係する参考書については、随時紹介する。 
成績評価方法 授業時に提示する課題の取組状況から、総合的に評価を行う。
評価の際には、以下2点を重視する。①古代から近現代までの各時代における組織的な教育の理念や実践の特徴を理解できているか。②今日の学校教育の目的や方法などを、その形成過程や歴史的背景に照らして反省する視点を獲得できているか。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション―なぜ教育史を学ぶのか
2古代の教育
3中世の教育
4近世社会における子育て
5近世武家社会における学問と教育
6近世民衆の学習文化
7欧米教育情報の受容と近代教育制度の成立
8天皇制国家体制の確立と国民教育
9明治期の学校教育にみる授業の定型化
10大正新教育における実践改革(1)-国際新教育運動との関係性
11大正新教育における実践改革(2)-学校におけるカリキュラム開発
12戦時体制下の教育
13占領政策と教育改革
14戦後新教育とカリキュラム改造
15総括
授業時間外における学習方法 各自が講義を通して関心を抱いた事柄について、参考文献などを活用して探求することをお勧めする。なお毎回の内容と関連がある日本史の知識は補いながら講義するが、時代的な背景やその通史的な流れの理解を深めたいようであれば、高等学校の日本史の教科書などを参照されたい。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 歴史を遡り、各時代の教育が実現しようとしていた価値やその方法を学ぶことは、現代を生きる私たちがどのような考えに囚われているのかを認識することにつながると思います。ぜひ、現代では「あたりまえ」になっている考え方を再検討していただければ幸いです。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式(オンデマンド型)で授業を進めます。 
その他 受講生の関心や理解度に応じて毎回のトピックや重点の置き方、講義順序、授業進度などを変更することがあります。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.