タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-養護教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60711300 
科目名   生理学  
担当教員   西尾 尚美  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S107    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  養護教育教員養成課程養護教育専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131381 
ねらいと目標 【テーマ】基本的な自分の体の構造や機能を知る。
【到達目標】人体の健康に異常が起きたとき、何が起きているかを知ることができるようになることを目指して、人体の構造や機能を学ぶ。  
内容 人体の構造と機能について、細胞レベルから器官レベルまでを学び、それぞれの相互的な関連性について、人体の健康に及ぼす影響を考えながら理解する。
 
テキスト 「系統看護学講座 解剖生理学」(第 10 版) 坂井建雄・岡田隆夫 医学書院 
参考文献 随時、授業内で指示する。  
成績評価方法 各項目ごとの小テスト(5回)と最終テストを実施し、それらを合わせた成績で評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回:授業ガイダンス
      人体の構造と機能
      人体の発生
 第2回:細胞と組織(人体の基本構造) 
 第3回:消化器1 消化管(口腔~胃: 消化・吸収) 
 第4回:消化器2 消化管(十二指腸~肛門: 消化・吸収) 
 第5回:消化器3 肝臓・膵臓・胆嚢(消化・代謝) 
 第6回:血液・免疫(アレルギー・感染症)
 第7回:循環器・リンパ系(栄養素・酸素の運搬)
 第8回:呼吸器(酸素の供給・二酸化炭素の排泄)
 第9回:腎・泌尿器(老廃物排泄・体液の恒常性維持)
第10回:内分泌系(ホルモンによる生体機能の調整)
第11回:脳と神経系(人体機能の維持)
第12回:感覚器(眼、耳、鼻、皮膚:外界の情報認知)
第13回:運動器(骨格筋:人体構造の維持・運動)
第14回:生殖器(子孫を生み出す)
第15回:期末テスト 解説   
授業時間外における学習方法 解剖学についてよく復習した上で授業に臨み、授業内容をよく復習しておくこと。各項目ごとに小テストを行う。 
授業のキーワード 組織・臓器・器官の機能と構造、生体内ネットワーク  
受講補足(履修制限等) ・解剖学を履修していること (履修していない場合は事前に相談すること)
・火曜日の4、5限連続講義を7回行うため、5限を空けておくこと。
 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式(感染拡大状況によってはオンデマンドに変更) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.