タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-養護教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60710700 
科目名   小児科学  
担当教員   小林 京子,手塚 園江,福冨 理佳,青木 美紀子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S307    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  養護教育教員養成課程養護教育専攻必修科目 
備考  オムニバス形式 
ナンバリング   132381 
ねらいと目標 小児科学の基本的知識を学習して、正常の発育・発達と異常(病気)の違いを理解する。小児によくある疾病とその治療、ケア、生活上の留意点を理解し、健康相談や保健指導に生かすための知識とケア方法を習得する。さらに、教育現場で必要な救急の知識と実践方法を習得する。  
内容 胎児期から新生児期の疾患、遺伝性・先天性疾患、小児の糖尿病、小児期に起こりやすい感染症(ウイルス性および細菌性)、呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、小児がん、てんかんなどの神経・筋疾患、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患、不慮の事故などに関して講義する。  
テキスト 看護学テキスト 病態・治療論14 小児疾患,真部淳,松藤凡,小林京子(編),南江堂 2019年04月(2600円:税別) 
参考文献  
成績評価方法 小テスト5回(20%×5)を実施して総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス(子どもの健康問題の特徴)
2消化器疾患
3循環器疾患
4腎・泌尿器疾患
5神経・筋疾患
6染色体異常・先天異常、新生児疾患
7免疫・アレルギー性疾患
8感染症―ウイルス性疾患・細菌性疾患
9呼吸器疾患
10代謝性疾患、内分泌疾患
11遺伝性疾患
12精神疾患
13発達障害
14血液疾患、悪性新生物
15事故・外傷、救急処置
授業時間外における学習方法 講義予定範囲の教科書を読んだ上で講義に臨むこと。復習は、講義時に配布するレジュメのうち、強調して取り上げられた内容の理解を行うこと。  
授業のキーワード 小児、成長、発達、健康、診断、治療、ケア 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 健康は子どもの成長・発達の基盤となります。子どもの健康について共に学びましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則として対面形式で行う予定である。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.