タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-養護教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60103030 
科目名   中等保健科教育法Ⅲ  
担当教員   荒川 雅子  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   C103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程保健体育専攻自由選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻自由選択 
備考   
ナンバリング   123381 
ねらいと目標 人間が生命を維持し、健康を保持するための環境について理解し、保健科の授業の計画に活かせるようにすること。
目標は、①環境の計測方法を理解し、実践できる。②環境と健康の関係について理解し、今日的課題を分析し授業に活かす能力を身に付ける。 
内容 環境が人々の健康に及ぼす影響及び健康の保持増進のための環境調整について学び、学校環境衛生検査の検査方法についての講義及び情報機器の活用を含めた演習を通して、授業への活用方法を学ぶ。さらに、それを生かした教材研究と学習指導案作成、模擬授業を実施し、模擬授業と模擬授業に対する講評により学びを深める。 
テキスト 『小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 体育編』文部科学省(162円+税)
『中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 保健体育編』文部科学省(416円+税)
『高等学校学習指導要領(平成30年告示) 保健体育編・体育編』文部科学省(552円+税)
『[改訂版]学校環境衛生管理マニュアル「学校環境衛生基準」の理論と実践』[平成30年度改定版] 公益法人日本学校保健会 丸善出版(2,800円+税) 
参考文献 『学校保健実務必携』学校保健・安全実務研究会 編著 第一法規(3800円+税)
小・中学校・高等学校で使用している『保健』『保健体育』の教科書 
成績評価方法 学習指導要領に関するレポート10%、学校環境衛生活動の小テスト40%、模擬授業(指導案及び他の学生による評価)15% 、最終レポート15%、授業の参加意欲・態度20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業概要の説明・健康と環境の関係について
2(小)・中・高等学校における保健学習と環境について
3学校環境衛生活動の法的根拠と進め方について
4教材研究①学校環境衛生活動(教室等の環境について、換気及び保温等)
5教材研究②学校環境衛生活動(教室等の環境について、採光及び照明・騒音)
6教材研究③学校環境衛生活動(飲料水等の水質及び施設・設備(水泳プール含む))
7教材研究④学校環境衛生活動(学校の清潔、ネズミ、衛生害虫等及び教室の備品の管理、日常点検、臨時検査、給食施設環境衛生検査)
8授業前半のまとめ、学校環境衛生検査の小テスト、および模擬授業についての概要説明、学習指導案および授業で使用する資料の作成
9模擬授業①②小学校3,4年で扱う保健を中心とした授業
10模擬授業①②の振り返り及び模擬授業③④小学校5、6年生で扱う保健を中心とした授業
11模擬授業③④の振り返り及び模擬授業⑤⑥中学校1、2年生で扱う保健分野を中心とした授業
12模擬授業⑤⑥の振り返り及び模擬授業⑦⑧中学校2、3年生で扱う保健分野を中心とした授業
13模擬授業⑦⑧の振り返り及び模擬授業⑨⑩高等学校1年で扱う保健科を中心とした授業
14模擬授業⑨⑩の振り返り及び模擬授業⑪⑫高等学校2年で扱う保健科を中心とした授業
15模擬授業⑪⑫の振り返り授業全体のまとめ
授業時間外における学習方法 環境についてのニュース、記事などに目を通し、学校環境と、世界的環境の関連について予習しておくこと。(60分程度)
模擬授業で扱う授業案および資料は、発表までに作成すること。(100分程度) 
授業のキーワード 環境衛生検査 学校と環境及び健康 模擬授業 環境教育
学習指導要領 性教育 実務経験のある教員等による授業 
受講補足(履修制限等) 中等保健科教育法Ⅰ、Ⅱを履修していること 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.