タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60585900 
科目名   ハンドボール  
担当教員   笹倉 清則  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   体育施設    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程保健体育専攻選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目B 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   132373 
ねらいと目標 ・ハンドボールの構造的な特性、すなわちルール、技術力、および戦術力について学ばせる。
・仲間と連携した動きかたでゲームを展開することができるような能力と態度。
・「ゴール型」球技に共通するゲームの構造的な特性の理解、およびゲームの局面構造を理解し、極面ごとに必要な体力、義術、潜術を理解してゲームを行うことができる能力と態度。 
内容 学習指導要領の内容を踏まえながら、ハンドボールを構造的にとらえ、ルールに基づいた動きかた(攻撃と防御に関わる技術力・戦術力)を系統的に理解して身につけ、仲間と連携してゲームを展開することができること。学習に際し、ゲームの運動観察を重視するとともに、授業終了時には個々のグループごとにそれぞれの課題を明確にさせ、毎回発表する。 
テキスト 特に無し。 
参考文献 髙橋健夫他(編著、2019)「ステップアップ高校スポーツ」(大修館書店、2019)
 
成績評価方法 ・ハンドボールの構造とゲーム極面NO理解度 40%
・技術力・戦術力の習熟度 60%
・生涯スポーツという理念に照らし、出席率が授業の実施回数の4/5を割る者は評価の対象にできません。
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1導入:指導過程の説明、学習方法の説明、グルーピング、ハンドボールの概要の説明。
2試しのゲーム:動きづくり、ボール操作
3基礎ゲーム1:動きづくり、ボール操作、個人戦術の学習
4基礎ゲーム2:動きづくり、ボール操作、個人戦術の学習
5基礎ゲーム3:動きづくり、ボール操作、個人戦術の学習
6予備ゲーム1:動きづくり、ボール操作、基礎ゲーム、個人戦術の学習
7予備ゲーム1:動きづくり、ボール操作、基礎ゲーム、個人戦術の学習
8予備ゲーム2:動きづくり、ボール操作、基礎ゲーム、グループ戦術の学習
9予備ゲーム2:動きづくり、ボール操作、基礎ゲーム、グループ戦術の学習
10予備ゲーム3:動きづくり、ボール操作、基礎ゲーム、グループ戦術の学習
11予備ゲーム3:動きづくり、ボール操作、基礎ゲーム、グループ戦術の学習
12目標ゲーム1:作戦の立て方、学習の工夫、チーム戦術の学習
13目標ゲーム2:作戦の立て方、学習の工夫、チーム戦術の学習
14目標ゲーム3:作戦の立て方、学習の工夫、チーム戦術の学習
15正規のゲームの運営
授業時間外における学習方法 参考文献に挙げた文献等を用いてルールを調べ、理解しておくこと。 
授業のキーワード グループ学習 
受講補足(履修制限等) ・学生は授業担当教員の承諾を得た場合は、1年次上位対象の開設授業科目である本科目を履修することができる。
・授業担当教員の承諾を得た場合は、本来対象となる専攻(選修・コース)以外の他専攻(選修・コース)の学生も履修することができる。 
学生へのメッセージ 小学校学習指導要領で取り扱われるようになったハンドボールとの関係を踏まえて授業内容を考えています。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.