タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60585500 
科目名   運動部活動指導演習  
担当教員   高橋 宏文  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   研究室     開講学期   春学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程保健体育専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   133374 
ねらいと目標 学校部活動で扱う運動種目について、その特性、効果的な指導法や実践法を学習する。到達目標は、様々な目的や対象に応じて臨機応変かつ理論的背景のある運動部活動の指導ができるようになることである。 
内容 基本的な運動指導について学習した上で、各基礎技術の具体的な特徴を理解し、その実践におけるコツを分析し抽出する。続いて、抽出されたコツについて指導方法を学習する。また、基本的なゲーム構造やその特徴についても学習し、ゲームの実践方法やゲーム中のプレーの仕方について指導できることを目指す。最後に、指導案を作成することでまとめとする。具体的には、以下の内容に取り組む。

(1)運動指導の基本
(2)バレーボールゲームの構造やその特性について深く知る
(3)バレーボールの技術や戦術の歴史を学習する
(4)技術を分析する
(5)技術に対する理解を深め、実践上のコツを発見する
(6)技術を指導する方法を考える
(7)連係プレーを引き出す指導を考える
(8)ゲームを構築する指導を考える
(9)指導案を作成する 
テキスト  
参考文献 基礎からのバレーボール
バレーボールの戦い方ー攻守に有効なプレーの選択肢を広げるー 
成績評価方法 授業内の課題 80%
平常点      20%

・授業内の課題は、各回の内容への対応方法(たとえば指導法の場合はその質)を総合的に評価する。
・平常点は、授業に取り組む姿勢などを総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1バレーボールを知る
バレーボールゲームの特性
2運動指導の基本
3運動指導における対象要素を考える
バレーボールの動きや必要とされる能力について
4運動指導ににおける技術指導の基礎
学習者に合わせた指導を考える
5バレーボールの技術指導①
ボールヒッティング
6バレーボールの技術指導②
スパイク技術における踏切動作
7バレーボールの技術指導③
スパイク技術における空中動作
8バレーボールの技術指導④
アンダーパス技術
9バレーボールの技術指導⑤
サーブレシーブ技術とディグ技術
10バレーボールの技術指導⑥
オーバーパス技術
11バレーボールの技術指導⑦
トス技術
12バレーボールの技術指導⑧
連係プレーのコツ
13バレーボールの技術指導⑨
ゲームの実践における課題を分析、抽出する
14バレーボールの技術指導⑩
ゲームの実践上の課題への対処法を考える
15指導案の作成
授業時間外における学習方法 授業スケジュール欄を参照した上で、
授業前:授業時に提示した課題に取り組み、次回授業の内容への理解を深める。(所要時間は2時間)
授業後:授業時に提示した課題に取り組み、本時の授業内容を整理する。     (所要時間は2時間) 
授業のキーワード 運動指導のポイント
基礎技術の分析とその指導方法
プレー実践上の課題の抽出とその指導方法
ゲームの構築とその指導 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 指導実践上の課題への気づきを持つことで指導方法やその内容を考えましょう 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本とする 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.