タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60585300 
科目名   バレーボール  
担当教員   高橋 宏文  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   体育施設    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火2   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程保健体育専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   132373 
ねらいと目標 はじめに、基礎技術について実践を通して学習する。この時、特に基礎技術における動き方やボールのコントロールの感覚について学習を通して見つけていく。
続いて、バレーボールゲームの構造、さらにチームスポーツという視点から特徴を理解し連係プレーやゲームにおける技術の実践方法について学習する。特にゲームにおいてはコミュニケーション能力を反映させたプレーを実践できるようにしていく。 
内容 (1)バレーボールの基礎技術の習得 
(2)技術を使用する上でのコツの発見
(3)コツを使用したプレーの実践
(4)連係プレーの習得
(5)バレーボールのゲーム特性についての理解
(6)ゲームの発達段階の理解とプレーの実践方法
(7)フォーメーションの理解と実践
(8)チームワークの構築
(9)ルールについての学習
(10) 審判法についての学習 
テキスト 「基礎からのバレーボール」 
参考文献 Web上に資料を適宜アップしていく。 
成績評価方法 実技テスト80%
出席状況 20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2ボールヒッティング
3スパイク技術①動き作り
4スパイク技術②タイミングの合わせ
5オーバーハンドパス
6トス技術
7トスを用いた連係プレー 
8アンダーハンドパス
9レシーブ技術とボールコントロール
10連係プレーとゲーム
11ゲームの実践①
ゲームの特徴やルールの理解と実践 
12ゲームの実践②
セットプレー局面における基本的なフォーメーションの理解と実践
13ゲームの実践③
ゲームでの連係プレーの理解と実践
14ゲームの実践④
審判法
15実技テストとテストの解説
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード グループ学習
基礎技術の習得
ゲームにおける連係プレーの実践
チーム運営
 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 技術における実践上のコツを見つけ思い切ってプレーをしていきましょう。
また、チームワークを構築する上で積極的な取り組みも重要になります。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 本授業は基本的には体育館にて対面授業の形態で行います。しかし、状況によっては遠隔授業を行う部分も出てくる可能性があります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.