タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60583800 
科目名   野外環境教育実習(夏季)  
担当教員   小森 伸一,宮本 倍幸,小池 太  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   学外施設    開講学期   春学期  
曜日・時限   集中   単位区分   選択,選必  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程保健体育専攻選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目B、初等教育教員養成課程保健体育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132373 
ねらいと目標 野外活動(または、自然体験活動)を安全に楽しむための基礎知識・技術、マナーについて;1)一活動者として、2)指導者としての両方の観点から実践を通して理解を深める。
また、自然度の高い環境における共同(協働)生活の営みの中で自然や他者との創造的コミュニケーションを通じて、当該教育の三大学習観点/要素である「地球/自然環境」・「仲間(他の存在)」・「自己」についての(再)認識と理解の拡大を図る。
(「野外環境教育学」の授業で学んだ野外環境教育における中核的概念、またその教育的可能性を体感的に理解する) 
内容 当該授業のねらい・目標を達成するために、野外活動・野外環境教育の基礎知識・技術の実践、体験として4泊5日の学外実習を行う。
(具体的内容は下記の授業スケジュールを参照)

1)事前ガイダンス/オリエンテーション:
◎ 7月中・授業終了までに実施
(日時・教室は未定:後日、「野外環境教育学」の授業内や掲示板等にて連絡)

【※注意!!】
○実習のみに参加する者は、オリエンテーション日を逃さないよう掲示に気をつけること。オリエンテーションも授業の一環である。実習に関わる重要な内容を含むので欠席者は参加できない。
○公的な理由でどうしても参加できない者は、その旨必ず事前に連絡すること(下記「その他」欄参照。授業の一環なので、アルバイトや部活の練習を理由での欠席は不可)。
○事前連絡のない者は参加しないものとして扱う(評価は「失格」となる)。
○実習に参加を希望しているが、部活な合宿などの未定日程との兼ね合いで、登録を判断しかねる場合は、事前に相談にくるとよい。


【連絡先】
Email:skomori※u-gakugei.ac.jp
(※を@に変えて下さい)

<研究室>
芸スポ研究棟7号館(体育研究棟)2F
(体育館とプールの間の森の中にある研究室)

2)実習:
◎日程:8月23日(月)~8月27日(金)

◎場所:国立信州高遠青少年自然の家 キャンプ場
◎費用:2万5千円を、オリエンテーション時に徴収
(プログラム費、食費、傷害保険代、交通費、など)
※余剰分がある場合は、事後授業にて返金
(例:過去3年はほとんどなし)

3)事後授業:
◎秋学期開始後、小金井祭後できるだけ早い時期に行う(11月中旬~下旬くらい)。
=記録写真の件、会計報告、など。
(日時・場所は、実習中または実習後の掲示板にて連絡)  
テキスト なし
(実習時に配布する「しおり」に含まれる内容がテキスト代わりとなる)。  
参考文献 なし
(または、配布のしおり内に適宜掲載)  
成績評価方法 オリエンテーションの出席状況、実習での活動の取り組み、振り返りの内容(自己の内省記録)、などを総合的に評価する。
ただし、以下の項目を評価方法の尺度とする。

◎実習中の取組み:70%
(※服装・装備の不備などの視点も含む)
◎実習中における1日のふり返り及び最終日帰京前の実習全体をふり返る内省記述の内容(就寝前に毎晩記述):20%
◎オリエンテーションの出席状況:10%

【※注意!!】
○実習のみに参加する者は、オリエンテーション日を逃さないよう掲示に気をつけること。オリエンテーションも授業の一環である。実習に関わる重要な内容を含むので欠席者は参加できない。


○公的な理由でどうしても参加できない者は、その旨必ず事前に連絡すること(下記「その他」欄参照。授業の一環なので、アルバイトや部活の練習を理由での欠席は不可)。

○事前連絡のない者は参加しないものとして扱う(評価は「失格」となる)。

○実習に参加を希望しているが、部活な合宿などの未定日程との兼ね合いで、登録を判断しかねる場合は、事前に相談にくるとよい。


【重要!!】
※履修登録をしておいて、オリエンテーションに無断欠席し、その後実習の参加に勝手に不参加の意向であっても、1回目オリエンテーション以降の直前のキャンセルは、他の履修生への費用負担増を避けるために次のように対処する。

************
人数を見込んで申し込みをしている、交通費、傷害保険代、食費などの実費について徴収するものとする。
(公的な理由については、その内容に応じて配慮する)
**************************

【連絡先】
Email:skomori※u-gakugei.ac.jp
(※を@に変えて下さい)

<研究室>
芸スポ研究棟7号館(体育研究棟)2F
(体育館とプールの間の森の中にある研究室) 
授業スケジュール(展開計画) 集中授業(学外:4泊5日)】
主に以下の活動を総合的・日常的または選択的に行う。
(すべてが実施できるというものではない;実習場所の選択によって変わる)

1) 幕営(テント生活)
2) 野外調理・野外料理パーティー(会食)
3) 環境理解プログラム、自然散策
4) チームビィルディング(グループワークゲーム)
5) 登山・トレッキング
6) ロッククライミング
7) カヤックまたはカッターなどの水辺活動
8) 芸術・音楽・文学・文化的活動(クラフト・音楽・お菓子作り、地域研究、など)
9) サイクリング
10) 野外ゲーム、ソング、たき火(ファイア)
11) スターウォッチング(星空観察)
12) ビバーク(野宿):選択活動
13) 振り返り(毎晩および最終日の解散前に内省事項を指定用紙に記入)

※具体的な実習のプログラムは、2回目のオリエンテーション時に連絡するが概要は以下の通り。

<主なプログラム内容>
1日目:移動・開講式・オリエンテーション・設営・野外調理・夜の集い
2日目:グループワークゲーム・動的活動(サイクリング・カヤックなどの水辺活動、等)・野外調理
3日目:登山・野外調理
4日目:選択的静的活動(クラフト、音楽、自然観察、クッキング、釣り、等)・アウトドアパーティ(野外調理&会食)・焚き火の会
5日目:撤収(片付け・清掃)・ふりかえり(内観:省察活動)・閉校式・移動  
授業時間外における学習方法 特になし(宿泊型集中授業のため)。 
授業のキーワード 野外活動、自然体験活動、野外教育、環境教育、野外・環境教育、自然体験学習、体験学習・教育、ホリスティック教育、サステイナビリティ、サステイナビリティ(持続可能な社会のための)教育、レクリエーション、楽しさ、アウトドア、登山、野外炊事・調理、チームビルディング、グループワーク(コミュニケーション)ゲーム、自然環境、地球、他者理解、自己理解、組織キャンプ(教育キャンプ)、旅、成長、共同(協働)生活、シンプル生活、ボランタリ・シンプルシティ、必要にして足る、調和、アクティブ・ラーニング、チームアプローチ  
受講補足(履修制限等) ・対象となる専攻(選修)以外の他専攻(選修)学生の履修可。
 
学生へのメッセージ 2020年度でのコロナ禍のため、この授業や秋学期の雪上実習が開講なしとなったことから、このシラバスを入力時点での3月中旬時点では、今年度の履修者が大幅に増えることも予想されます。
40人以上を超えるなど、あまりに多い場合は、使用予定の施設には収まりきらない可能性があるため、その場合は場所を変えて実施するなど柔軟に対応することを考えています。
引き続きのコロナ禍等で学外での実習が難しいとなった場合は、キャンパスを使っての通いでするなどの策を講じて実施予定です。
つきましては、履修希望者のみなさんも、上のような想定外となった場合は、シラバスに書かれているのとは違う内容となり、柔軟な対応において従来とは違った変則的な実施となることを理解の上、履修するようにしてください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 実習は対面形式
事前授業(ガイダンス)と事後授業は、原則は対面形式で考えているが、そのときの社会の状況をみながら遠隔(オンライン)形式および対面形式との併用で実施とすることもある。
事前にポータル等を通じて連絡することになるので、つねにポータルメッセージには留意しておくこと。  
その他 上記でも再三述べているが、以下の点に充分配慮し履修すること。

【重要!!】
※履修登録をしておいて、オリエンテーションに無断欠席し、その後実習の参加に勝手に不参加の意向であっても、1回目オリエンテーション以降の直前のキャンセルは、他の履修生への費用負担増を避けるために次のように対処する。

************
人数を見込んで申し込みをしている、交通費、傷害保険代、食費などの実費について徴収するものとする。
(公的な理由については、その内容に応じて配慮する)
**************************

【連絡先】
Tel:042-329-7620(研究室)
Email:skomori@u-gakugei.ac.jp

<研究室>
芸スポ研究棟7号館(体育研究棟)2F
(体育館とプールの間の森の中にある研究室) 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.