タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60582500 
科目名   体育史概論  
担当教員   鈴木 明哲  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S403    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程保健体育専攻必修科目、初等教育教員養成課程保健体育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   131371 
ねらいと目標 今日の学校体育がどのようにして誕生し、発展してきたのか、その歴史についての概要を知るとともに、学校体育の文化的、社会的意味について考察することを目指す。 
内容 古代ギリシャから始まり、西洋近代における学校体育の成立と展開、日本における学校体育の成立と展開という順序で講義し、今日の学校体育における様々な問題を考察する手がかりを提供する。 
テキスト 使用しない。毎回3枚程度のワークシートを配布する。 
参考文献 成田十次郎編著「スポーツと教育の歴史」不昧堂出版 
成績評価方法 講義内容に関する理解の程度を評価する。期末試験60%、レポート20%、平常点10% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1体育史を学習する意味
2西洋古代の体育思想
3体育の目覚め ルネッサンスと啓蒙時代
4近代学校体育の誕生 ドイツ スウェーデン
5近代イギリスのスポーツ教育 体育は大英帝国のために
6現代体育への転換 アメリカとオーストリア
7日本における学校体育のはじまり
8森有礼の兵式体操・運動会
9スウェーデン体操の時代とスポーツ
10ラジオ体操のはじまり
11女性体育史 服装からみた女性の体育
12戦時下の体育 体力主義への偏重
13戦後日本学校体育の復興 体育の自分さがし
14体力主義体育と「楽しい体育」
15授業のまとめ 期末試験とその解説
授業時間外における学習方法 予習(各回2時間程度)図書館所蔵の体育史に関する文献の閲覧やウィキペディアの閲覧。
復習(各回2時間程度)配布したワークシートの復習。 
授業のキーワード 学校体育 歴史 日本 アメリカ ヨーロッパ 女性 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ パワーポイントを使用するが、スライドの配布はしないので、しっかりノートを取って頂きたい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で実施するが、COVID-19の影響により、遠隔形式の実施となる場合もある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.