タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60580300 
科目名   保健体育科教材研究  
担当教員   鈴木 聡  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S404    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木1   単位区分   必修,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(専攻SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132371 
ねらいと目標 保健体育の授業づくりにおいて、教材研究の持つ意味や機能を理解するとともに、教材研究を通した授業づくりの実際を学ぶことをねらいとします。B類必修、A類選択必修の授業です。対象が「教材」「教材開発」「教材研究」である特性から、内容は小学校の授業実践、教材の紹介がら考えることが多くなります。種目の基本井しつつ、その本質や特性を見据えた教材について学ぶ授業です。 
内容 各種の運動領域における授業づくり及び教材について考えます。教材研究を通した学習指導の広がりと深まりについて理解します。内容は、小学校の授業実践及び教材が中心となりますが、そこを基盤に、中学校、高校の保健体育の授業への発展を考えます。後半は、教材開発演習及び発表を行います。保健体育学習や教材に関するテーマについて、小グループでディスカッションをすることがありますが、その場合は積極的な参加を求めます。 
テキスト 授業中に指示します。 
参考文献 体育の本質がわかる授業 低学年の体育(日本標準)
新しいボール運動の授業づくり(大修館書店)
その他適宜紹介します。 
成績評価方法 平常点(出席・ディスカッションへの参加意欲・小レポート)20%
教材作成演習への取り組み 40%
まとめのレポート 40%
記述内容については、講義で扱う内容の理解とともに質が高く自身の考えを含めた深い考察がなされているものについて評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
「授業の内容とねらい」
2体育科の学習指導と教材
「体育の授業実践から学ぶ」
3教材とは何か、教材研究とは何か
「スポーツを教材にする視点」
4教材化の意味と解釈
「ルール、コート、人数、発達段階から見た教材化」
5ベースボール型ゲームの教材研究・教材開発の実際
「小学校におけるベースボール型ゲームの実践例から学ぶ」
6ネット型ゲームの教材研究・教材開発の実際
「小学校におけるネット型ゲームの実践例から学ぶ」
7ゴール型ゲームの教材研究・教材開発の実際
「小学校におけるゴール型ゲームの実践例から学ぶ」
8器械運動の教材研究・教材開発の実際
「小学校における器械運動の実践例から学ぶ」
9陸上運動の教材研究・教材開発の実際
「小・中学校における陸上運動の実践例から学ぶ」
10体つくり運動の教材研究・教材開発の実際
「小・中学校における体つくり運動の実践例から学ぶ」
11教材の創り方「概念崩しからの授業づくり」
教材開発演習にむけて「方法とグルーピング」
12演習① 教材開発 ワークショップ①
「小グループに分かれて教材開発報告会」
13演習② 教材開発 ワークショップ②
「小グループに分かれて教材開発演習」
14演習③ 教材開発 プレゼン
「教材開発情報交換」
15まとめ 授業を振り返って
「教材研究の意味を問い直す」
「レポート」(講義で指示する)
授業時間外における学習方法 【授業前】シラバスに書かれた内容について考えをまとめておくこと。内容に記した課題をしっかりと考え、ノートなどに記述して授業の臨むこと。(所要時間は2時間)
【授業後】パワーポイントの資料は WEB CLASS にあげるので各自復習に活用すること。適宜参考となる文献等を参照して考えを深めておくとなおよい。(所要時間は2時間)
 
授業のキーワード 教材、教具、学習資料、場づくり、学習環境、体育授業 
受講補足(履修制限等) A類生は選択必修となっていますが、小学校体育の授業づくり、教材づくり、教師行動、授業の見方、授業研究について言及しますので、全員受講すること。また、保健体育科模擬授業演習とも関連させた内容となります。
授業で使用するパワーポイント資料や画像資料は、紙ベースでは配布せず、Web Class にPDFファイルでアップする予定です。各自しっかり復習してください。また、講義では、小グループを作ってディスカッションをする時間を設けることがあります。次の時間までに考えておくことを指示する場合もありますので、準備をして臨んでください。 
学生へのメッセージ 体育科の授業で扱う競技・スポーツを、学習内容にしていく際に、「教材化」が必要になります。セストボールやアルティメットという名前を聞いたことがあるでしょうか。マット運動をただやるだけでなく、仲間と共に「シンクロマット」をつくるとどのようになるでしょうか。バットを使わないベースボール「バットレスベースボール」をイメージできますか。特に小学校期は、やさしくおもしろい教材との出会いが、スポーツ好きになるかどうかのポイントともいえます。たくさんの教材を紹介します。たくさんの小中学校の授業を紹介します。そして、皆さんにも素敵な教材を開発していただきます。ともに学びましょう。 
実務経験のある教員による科目 授業者は、小学校教員の経験(21年間)を有しています。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を予定しています。10月の状況によって変更があります。 
その他 附属小学校での授業参観を含むことがあります。
内容が前後することがあります。
毎時間呼名で出席をとります。
授業中の私語や飲食、携帯電話やスマホの使用、居眠りは厳禁です。退室を促すことがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.