タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102940 
科目名   中等保健体育科教育法Ⅳ  
担当教員   佐見 由紀子  
対象学年   2年   クラス   52  
講義室   S410    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火5   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程保健体育専攻中学校各教科指導法 
備考   
ナンバリング   122371 
ねらいと目標 小学校から高等学校における保健の授業の目標と内容構成原理を理解するとともに、主に、中学校における教材や実践例を知ったうえで、よくわかる楽しい保健の授業を創造するための教材や学習過程のあり方を検討する。
 
内容 保健の授業で生徒に身につけさせたい学力とは何かを考えるとともに、保健の内容構成原理を把握する。その上で、これまでの授業実践例を多く知り、よくわかる楽しい保健授業内容について検討する。中学校から高等学校で学習する内容について、1人1テーマを担当し、学習指導案を作成し、代表者が模擬授業を行う。模擬授業を参観する中で、目標に応じた教材や教授方法とはどのようなものかについて検討する。 
テキスト 中学校学習指導要領(平成29 年告示)解説保健体育編、高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説保健体育編体育編(文部科学省) 
参考文献 森昭三、和唐正勝編『保健の授業づくり入門』大修館書店。その他の保健教材に関する書籍は、授業内で紹介する。 
成績評価方法 毎時間の感想から当該授業で学習した内容についてどう考えたかについて評価する20%、学習指導案の作成からよくわかる楽しい保健の教材研究ができたかを評価する60%、最終レポートから授業のねらいについて、どのような授業がよくわかる楽しい保健の授業であるかについての考えの深まりを評価する20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション、保健学習の今日的課題;文献から、現代の子どもたちの健康課題について予習する。授業後はレジュメを復習する。
2保健の授業における学力と目標、内容;文献から、保健の目標について予習する。授業後はレジュメを復習する。
3保健の授業における教科内容と教材ー「教材になる」ということ;文献から、「教材」と「教育内容」について予習する。授業後はレジュメを復習する。
4保健の授業の実践例1ー1時間の授業の構成はどうなっているのか。模擬授業についてグループでディスカッションをする。;文献から保健の実践例の指導案を探し、まとめてくる。授業後はレジュメを復習する。
5保健学習の実践例2ー学習指導案をどのように書くか。1年次の学校保健ハンドブック(学校保健学概説のテキスト)やその他の文献から、学習指導案の書き方について予習する。授業後はレジュメを復習する。
6保健学習の実践例3ーよりよい教材を作り出すためにどのようにしたらよいか。情報機器及び情報の活用について。文献から保健の実践例の指導案を探し、まとめてくる。授業後はレジュメを復習する。
7テーマ別 学習指導案作成1:ブレイクアウトセッションを利用し、グループで学習指導要領の内容と教科書の内容を検討し、1時間のねらいを吟味する。学習指導要領の学年、校種による違いや重複するも公卿、内容について調べてくる。授業後はレジュメを復習する。
8テーマ別 学習指導案作成2:教材研究:これまでに開発された教材をもとに、おもしろい教材の特徴を把握する。テーマに沿った過去の指導案を探し、まとめてくる。授業後はレジュメを復習する。
9テーマ別 学習指導案作成3:教材研究:中心となる教材、導入となる教材を選定する。テーマに沿った過去の指導案を探し、まとめてくる。授業後はレジュメを復習する。
10模擬授業1:からだの発育・発達、心の発達、思春期のからだ、傷害の原因と防止の内容についての模擬授業を行い、良かった点、改善点を検討する。テーマに沿った過去の指導案を探し、まとめてくる。授業後は発表者の学習指導案を見てよい点をまとめる。
11模擬授業2:適応能力の限界、環境汚染、健康の成り立ち、感染症予防についての模擬授業を行い、良かった点、改善点を検討する授業後は発表者の学習指導案を見てよい点をまとめる。
12模擬授業3:生活習慣病予防、喫煙・飲酒・薬物乱用防止、医薬品の適正使用、健康な社会についての模擬授業を行い、良かった点、改善点を検討する。テーマに沿った過去の指導案を探し、まとめてくる。授業後は発表者の学習指導案を見てよい点をまとめる。
13模擬授業4:行動選択と意思決定、家族計画、高齢者と健康、労働と健康についての模擬授業を行い、良かった点、改善点を検討する。テーマに沿った過去の指導案を探し、まとめてくる。授業後はレジュメを復習し、レポート内容について自分の考えをまとめる。
14模擬授業5:模擬授業+レポート作成。指導案のコメントへの回答として、修正してくる。授業後はレジュメを復習し、レポート内容について自分の考えをまとめる。
15よくわかる楽しい保健の授業と評価:これまでのレジュメの見直しをしてくる。自分の考えまとめて発表する。授業後はレジュメの内容をまとめる。
授業時間外における学習方法 学習指導案作成のために必要な書籍を探し、授業に持参すること。また、学習指導案の形になった実践例をより多く調べ、自分の引き出しを増やす努力をしてほしい。各回に記載された授業前後の課題に取り組むこと。授業前の予習2時間、授業後の復習2時間。 
授業のキーワード 保健の授業、保健の学力、教材化、性教育、ジェンダー、性差別、福祉、人権教育、ICT活用、学習指導要領、グループ学習、ディスカッション 
受講補足(履修制限等) 教師を目指す者として積極的に取り組み、欠席しないようにしてほしい。4回以上の欠席は不可とするので注意すること。オンライン授業も想定し、Zoomの画面共有でパワーポイントおよびホワイトボードを活用して実施する授業も紹介する。可能であれば、希望者には補講で小学校向けの保健授業の動画視聴、検討を行う。 
学生へのメッセージ 中学校で保健の授業を担当してきた経験をもとに実践的な指導を行う。授業以外の時間にも積極的に指導案作成の相談に来てもよい。今回は、直接、指導案作成のための教材紹介を授業内で実施できないため、各自、自主的に資料探しを行ってほしい。また、希望者には、個別に対応する予定。 
実務経験のある教員による科目 授業担当者は中学校で保健授業を15年担当していた経験があることから、生徒が自分事として受け止めることのできる教材や実践の工夫を授業の中で詳しく紹介する。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面形式。場合によっては遠隔授業も取り入れることがあるので、事前の連絡を必ずチェックすること。 
その他 翌週の授業に関しては、Webclassおよびポータルメッセージでその都度、連絡するので、毎週必ずチェックすること。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.