タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60101600 
科目名   初等体育科教育法  
担当教員   佐藤 善人  
対象学年   2年   クラス   53  
講義室   N404    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修小学校各教科指導法、初等教育教員養成課程社会選修小学校各教科指導法 
備考  対象:A社会 A20-0144~/A英語 
ナンバリング   126371 
ねらいと目標 小学校における体育の授業づくりに必要な基礎的知識を習得し、その活用と実践力の育成を目指す。小学校の体育授業を実践する上で自ら授業の在り方を構想できるようになることが目標である。  
内容 小学校体育の目標・内容・方法について、体育科教育の歴史的変遷や体育の授業づくりに関わる研究成果から考える。体育科の授業づくりは、具体的な進め方という「方法」を身につけるだけでなく、様々な視点から「何を教えるのか」「なぜ教えるのか」を考えながら学びを構想し、実践し、省察することが必要であることを、教材研究を通して学ぶ。その際、体育科における情報活用についても具体的な実践例に触れながら学んでいく。なお、本講義は学習指導要領体育編の内容理解を含む。また、体育科学習指導案の作成演習を行い、初等体育科の指導案作成ができるようになることを目指す。  
テキスト 鈴木秀人他 第6版小学校の体育授業づくり入門,学文社,2860円 
参考文献 小学校学習指導要領解説体育編、他随時示す。 
成績評価方法 成績評価方法 授業への取り組み(ディスカッション、模擬授業への参加意欲、小レポート)30%、指導案作成演習で作成する指導案 40%、学期末のレポート 30% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1体育科の変遷と存在意義
2体育科の社会的役割と現代的目標
3運動の特性のとらえ方
4体育科の授業論と学習内容の考え方
5体育科の単元論(情報機器及び教材の活用を含む)
6体育科の学習指導論<学習過程論・学習形態論を含む>(情報機器及び教材の活用を含む)
7体育科の学習評価論(情報機器及び教材の活用を含む)
8体つくり運動の授業づくり(教材研究を含む)
9器械運動系、表現運動系の授業づくり(教材研究を含む)
10陸上運動系、水泳運動系の授業づくり(教材研究を含む)
11ボール運動系の授業づくり (教材研究を含む)
12保健領域の授業づくり
13単元学習計画の立案及び体育科学習指導案作成の方法(情報機器及び教材の活用を含む)
14模擬授業演習・授業研究の内容と方法(情報機器及び教材の活用を含む)
15講義のまとめとこれからの初等体育学習
授業時間外における学習方法 授業スケジュールで扱う予定のテキストの内容を事前に示す。予習として読んでおくこと(所要時間は2時間)。また、小レポートを実施するため、前回学んだ内容について、テキストとのノートで復習しておくこと(所要時間は2時間)。 
授業のキーワード 体育授業、子ども、スポーツ、ダンス、遊び、ディスカッション 
受講補足(履修制限等) 下学年の履修不可。中等保健体育科教育法Ⅰ(佐藤担当)履修者不可。他専修の履修可。本来対象となる学生以外の希望が多数あり、学習を進めるのに適さないと判断した場合は、他専修の学生を対象に抽選を実施する。 
学生へのメッセージ 皆さんが体育授業についてよく学ぶことは、教育実習、インターンシップ、就職先の小学校で出会う子どものために重要なことです。子どもが「楽しい」「もっとやりたい」「体育が好き」と思える体育授業のあり方をともに学びましょう。多くの映像と事例を紹介しながら授業を進めます。 
実務経験のある教員による科目 担当教員は小学校と中学校で13年の教職経験がある。その経験を活かしながら、ねらいを達成するように授業を進める。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) ZoomとWebClassを用いて遠隔方式で実施する。 
その他 シラバスに変更が生じた場合は、初回授業にて説明をする。
授業で用いるのでテキストは必ず手元に置いて受講すること。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.