タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60020100 
科目名   スポーツ・フィットネス実習  
担当教員   目黒 拓也  
対象学年   1年   クラス   57  
講義室   体育施設    開講学期   春学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  健・スポ領域:必修共通 
備考  対象:AB音楽/美術 A保体/学教/学心/国際/幼教 B書道 C特支 D養護 内容:テニス 
ナンバリング   111373 
ねらいと目標 運動は身体・精神の両面から健康と体力の保持増進において重要な役割を持つことから、運動を年齢問わず生涯にわたって趣味や生きがいとして親しもうとする姿勢が豊かなライフスタイルの実現において重要となる。本授業では、各スポーツ・フィットネス種目の実践を通じて、以下に挙げるような運動に対する素養を高め、自身と運動との関わり方について体験的に学ぶ。
・各種目のルールや特性(楽しさ)への理解
・基本的な技術の習得や技能の向上
・実践するにあたっての安全面に対する配慮
・仲間とのプレーによる人間関係の構築などの副次的効果  
内容 各種目のルール、特性を理解し、各種運動における基本動作を身につけ、安全に配慮しつつ、ゲーム、各種プログラム、実演などを通して、運動を楽しむ。ストローク、ボレー、サーブ、スマッシュ等、テニスの基本的技術の練習を通してテニスのルールやマナー、審判方法を学び、ゲーム(主にダブルス)を実践する。 
テキスト なし 
参考文献 「テニス指導教本」
その他、必要に応じて紹介する。 
成績評価方法 平常点(受講態度・意欲等):80%
実技点(プレーへの理解度・技能表現力・上達度等):20% 
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(授業の目標・内容・成績評価方法などについての説明)
2運動の基礎と応用1「ラケットワーク、ボールワーク」
3運動の基礎と応用2「ストローク(フォア・バック)①:基本的なストローク」
4運動の基礎と応用3「ストローク(フォア・バック)②:応用的なストローク」
5運動の基礎と応用4「サーブ①:基本的なサーブ」
6運動の基礎と応用5「サーブ②:応用的なサーブ、ミニゲーム①:各基本的技術を取り入れて」
7運動の基礎と応用6「ボレー、スマッシュ、ミニゲーム②:各応用的技術を取り入れて」
8運動の基礎と応用7「ゲームの進め方と審判方法の解説、ゲーム」
9運動の基礎と応用8「対抗戦①」
10運動の基礎と応用9「対抗戦②」
11運動の基礎と応用10「対抗戦③」
12運動の基礎と応用11「対抗戦④」
13運動の基礎と応用12「対抗戦⑤」
14運動の基礎と応用13「対抗戦⑥」
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法 授業前:授業内容の理解を深めるために、講義内容に関する情報を得てまとめる(所要時間は0.5時間)
授業後:授業で提示した課題等について、当該回の内容を発展させて内容をまとめる(所要時間は0.5時間) 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング
チームアプローチ
他者理解
自己認識 
受講補足(履修制限等) ゲームはダブルスを予定しているが、受講者数や技能レベルによってシングルスにするなど、変更が生じる場合がある。実技(テニス)に適した服装およびシューズで受講すること。普段着での受講は認めない。怪我の防止のため、授業中は指輪やピアス、ネックレス、時計等の装飾品は外すこと。授業の準備・片づけは全員で協力して行うこと。貴重品の管理に十分気をつけること。体調管理に十分気をつけること。 
学生へのメッセージ テニス初心者が基準ですが、経験者の受講も可能です。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で行う。しかし、新型コロナウイルスの感染状況により遠隔形式に変更する場合がある。遠隔形式で行う際はオンデマンド型とする。 
その他 各自でテニスシューズ(それに準じた機能シューズ)を用意すること。テニスラケットは大学で貸し出すものを使用できるが、すでに自身で持っている場合は自身のものを持参して使用することができる。本学は屋外コートのため、新型コロナウイルスの感染状況の他に天候などによっても授業スケジュールを変更する場合がある。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.