タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60692100 
科目名   書学Ⅱ  
担当教員   萱 のり子,石井 健,加藤 泰弘  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   書実Ⅲ     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻選択科目 
備考  オムニバス形式 
ナンバリング   133362 
ねらいと目標 ①各自の研究テーマを練り上げ、卒業研究のテーマへつなぐことができるようにする。
②先行研究の理解・整理を通じて自身の研究目的の位置づけを明確にすることができるようにする。
③書学の領域と関連する課題に広く関心を広げ、他者(受講者間)の研究テーマの理解をはかることができるようにする。
 
内容 授業は教員(加藤・石井・萱)のローテーションにより行う。
①論文講読、資料読解
②書学関連書籍の紹介
③研究方法・視点等の検討
④演習発表 
テキスト 『書の古典と理論』(新版)全国大学書道学会編、2020年。(サブテキスト) 
参考文献 適宜、授業中に紹介する。 
成績評価方法 授業への出席(20%)、課題の提出と理解(30%)、演習発表(30%)、期末の課題(20%)による総合評価。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス (卒業研究につながる研究に向けて)
2研究計画の立案と研究経過の把握
3文献講読① 共通課題
4文献講読② 共通課題
 
5文献講読③ 共通課題
6研究方法の検討①
7研究方法の検討②
8研究方法の検討③
9研究計画の中間報告
演習発表①
10演習発表②
11演習発表③
12演習発表④
13演習発表⓹
14演習発表⑥
15まとめ
授業時間外における学習方法 資料収集・整理・読解などは基本的に授業外の時間をつかって積極的に行ってほしい。 
授業のキーワード 卒業研究 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 各自が主体的に研究をすすめ、授業はその過程で生じた疑問点や成果を共有する場となるよう、準備してもらいたい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面・遠隔の併用により、進行する。各回の授業形態は、事前に通知する。 
その他 各回の担当教員、具体的内容については、ガイダンス時に周知する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.