タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60691900 
科目名   書写・書道教育史  
担当教員   萱 のり子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   書実Ⅲ     開講学期   秋学期  
曜日・時限   集中   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻選択科目 
備考   
ナンバリング   132361 
ねらいと目標 (1)生涯教育を見通した視点から、書道教育の理念的・実践的構築を試みることができる。
(2)明治以降の近代教育史の中での書を理解し、説明することができる。
(3)現行の教科目標を理解し、課題に向けての実践的計画を立てることができる。 
内容 学校教育において授業時間数の確保が難しい、芸術科書道・国語科書写の問題点を見直し、現行教育制度下で何ができるのかを考える。 
テキスト 『書の古典と理論』(新版)全国大学書道学会編、光村図書、2020年。 
参考文献 授業中に適宜紹介する。 
成績評価方法 (1)毎授業時の考察課題への主体的参加(50%)
(2)平常点(20%)
(3)レポート(30%) 
授業スケジュール(展開計画) 「作品」の概念の成立や書風、書風形成の要因から説き起こし、学書の内容、時代性、書の造形性、用具用材の特色など、鑑賞をめぐるさまざまな問題について考察していく。
内容
1オリエンテーション
2教科教育としての書の歩み① 明治期
3教科教育としての書の歩み② 大正~昭和(第二次世界大戦前)
4教科教育としての書の歩み③ 昭和(第二次世界大戦後)
5現行学習指導要領の記述を読む① 国語科書写
6現行学習指導要領の記述を読む② 芸術科書道
7第二次世界大戦後の書道教育概観
8現行制度における書写・書道の位置づけの問題点
9現場実践例の紹介① 小学書写
10現場実践例の紹介② 中学書写
11現場実践例の紹介③ 高校書道
12芸術科書道と国語科書写の関連は如何に可能か
13授業実践に向けて(学生による発表と質疑)
14指導案を立てる
15まとめ
授業時間外における学習方法 グループ和ワーク、演習発表等を取り入れながら行う。授業時間外での課題の共有、共同研究等にも積極的に取り組んでほしい。 
授業のキーワード 生涯教育 生涯学習 学校教育 書写 書道 
受講補足(履修制限等) 書に関する基礎的な知識を有すること。
フィールド研究および演習発表を取り入れて行うため、スケジュール調整が可能なこと。 
学生へのメッセージ 個人およびグループでの演習発表を含んだ形式で授業を進める。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面・遠隔の併用により進行する。各回の実施形態は、事前に通知する。 
その他 集中講義での開講とし、美術館・博物館ほか学外授業を含む。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.