タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60691700 
科目名   漢字仮名交じり研究Ⅱ  
担当教員   石井 健  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   書実Ⅱ     開講学期   秋学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻選択科目 
備考   
ナンバリング   132362 
ねらいと目標 近現代における「漢字仮名交じりの書」の理論と技法について、実際の資料と作品から理解し、古名跡や現代の作品の表現を応用した作品制作の方法を身につけることを目標とします。 
内容 「漢字仮名交じりの書」の理論と作品制作の研究を中心とし、その学び方を追究します。古名跡や現代の作品の表現を応用した作品制作演習を行い、さまざまな考え方や表現方法を身につけます。理論については講義と実技を取り混ぜて学んで行いきます。 
テキスト 特に用いません。授業ごとに必要に応じプリントを配布します。 
参考文献
田宮文平/中野遵『漢字かな交じりの書の名品』天来書院
古谷稔『雄山閣書道講座11 漢字仮名交じりの書』雄山閣
沖森卓也『日本語の誕生-古代の文学と表記』吉川弘文館
森岡隆『図説かなの成り立ち事典』教育出版
その他は授業時に随時紹介します。 
成績評価方法 ●実技を含む授業なので平常点(40%)を重視します。提出物(作品3点。①全紙1/2正方形、②2×6尺、③全紙4~5枚継ぎ)の内容(30%)と「漢字仮名交じりの書」の理論、歴史、作品についてのレポート2点(①展覧会参観記、②近現代の漢字仮名交じりの理論と表現/3000字)の内容(30%)によって総合的におこないます。●各課題の提出期限:展覧会参観記 11月末日。近現代の漢字仮名交じりの理論と表現についてのレポート 12月末日。作品3点 2月20日。●各課題の評価のポイント:展覧会参観記→作品の内容や表現について正確記述し、的確に批評できているか。近現代の漢字仮名交じりの理論と表現についてのレポート→代表的な人物とその理論、作品表現について的確に理解し、評価・批判できているか。作品→授業や課外で学んだことを生かし、意図に基づく表現が的確な技能の裏付けのもとなされているか。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション/「漢字仮名交じりの書」の様々な名称と表現
2「漢字仮名交じりの書」の歴史① 古代(実技を含む)
3「漢字仮名交じりの書」の歴史② 中世・近世(実技を含む)
4尾上柴舟の「調和体」論(実技を含む)
5金子鴎亭の「近代詩文書」論(実技を含む) 
6村上三島の「読める書」論(実技を含む)
7高等学校芸術科書道における「漢字仮名交じりの書」① 構成や線質、用具用材の工夫(実技を含む)その1
8高等学校芸術科書道における「漢字仮名交じりの書」① 構成や線質、用具用材の工夫(実技を含む)その2
9高等学校芸術科書道における「漢字仮名交じりの書」② 古名跡の応用(実技を含む)その1
10高等学校芸術科書道における「漢字仮名交じりの書」② 古名跡の応用(実技を含む)その2
11小・中学校国語科書写における「漢字仮名交じりの書」(毛筆・硬筆実技を含む))
12作品制作演習④ 大字による制作研究(1)
13作品制作演習④ 大字による制作研究(2)
14作品制作演習⑤ 大字による制作研究(3)
15まとめ
授業時間外における学習方法 ①日展、毎日展、読売展などの公募展、グループ展、個展などに出掛け、なるべく多くの「漢字仮名交じりの書」作品にふれるようにしてください。②図書や展覧会図録を目を通し、近現代以降の「漢字仮名交じりの書」の表現方法について理解を深めてください。③「漢字仮名交じりの書」の素材となる文学作品にたくさんふれてください。④さまざまな用具・用材を用い、さまざまな表現方法を使って作品が制作できるようにしてください。 
授業のキーワード 漢字仮名交じりの書 書道実技 書道理論 
受講補足(履修制限等) 実技で必要となる用具・用材は、指示されたものを各自用意してください。高等学校芸術科書道及び制作演習にかかわる内容の回については墨汁の使用を禁止します。 
学生へのメッセージ 作品の題材となる文学作品に多くふれてください。また、また、自分自身の言葉や、日常生活の中で出会った作品化できそうな言葉についても折に触れてメモするようにしてください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 秋学期開設の授業ですので対面式の授業でおこなえるかと思います。再度の緊急事態宣言発出により対面授業ができなくなったときは、eラーニング (WebClass)を利用してオンデマンド型の授業(=配信された課題に取り組んでもらい、文書ファイルや画像ファイルで提出し、必要なやりとりをWebClassの掲示板を利用しておこなう)に切り替えます。 
その他 「漢字仮名交じりの書」が出品される公募展、社中展、グループ展、個展などをできるだけ参観するようにしてください。また、インターネット、図録、作品集などにもできるだけ目を通すようにしてみてください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.