タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60691600 
科目名   仮名研究Ⅱ  
担当教員   萱 のり子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   書実Ⅰ     開講学期   春学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻選択科目 
備考   
ナンバリング   132362 
ねらいと目標 (1)多くの作品を鑑賞することを通して、自身の作品制作に対するイメージを描くことができる。
(2)作品制作の拠りどころとする書を選ぶことができる。
(3)題材や用具用材を適切に選択することができる。 
内容 「関戸本古今集」を基本テキストとして仮名書法の多様な技法を研究・習得する。
並行して、近現代に制作された仮名作品を鑑賞することで、仮名作品の多様性を知り、自身で制作したい作品のイメージを描けるようにする。臨書から創作へのプロセスを考えながら、各自で制作のための拠りどころとなる書の古典を選択して基本的な書法を学ぶ。
倣書的な作品制作を手がけるなかで、題材や用具用材への関心も広げていく。
授業では、受講者全員による批評会・鑑賞会を設け、自他の作品を客観的に観察する機会をつくる。 
テキスト ・『日本名筆選19・関戸本古今集』伝藤原行成筆、二玄社。
・『書の古典と理論』(新版)全国大学書道学会編、光村図書、2020年。
・『古今和歌集』(注釈書。出版社等は指定しない。語注、解説、現代語訳など、比較して各自で選ぶ。)
上記以外は授業中に資料等を配布する。 
参考文献 授業中に紹介する。 
成績評価方法 実技演習内容、批評会での質疑、レポート、平常点による総合的評価 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス 鑑賞と創作について
2「高野切」と「関戸本」 書法比較
3題材の検討
4連綿法の研究①
5連綿法の研究②
6料紙と装丁
7墨調と運筆の関係
8集字資料の作成とその活用
9制作のプロセスにおける自己批評と他者の批評
10古典を生かす① 連綿法
11古典を生かす② 行の流れと文字の傾き
12倣書作品への展開
13「関戸本」全臨作品鑑賞会
14自己の成果と課題を整理する
15まとめ
授業時間外における学習方法 ●毎回の授業におけるテーマを理解し、技能定着のための実習を継続して行うこと。
●授業終盤に「関戸本」臨書作品を完成させ、鑑賞できるよう、各自計画的に取り組む。 
授業のキーワード 臨書 集字 倣書 鑑賞 
受講補足(履修制限等) 原則として、仮名書の基礎的な知識や技能を有し、授業内での課題に対応できる用具用材、書籍等を準備できる者。 
学生へのメッセージ 毎時の授業テーマを関連づけながら、作品鑑賞および臨書を自主的に進めてほしい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面・遠隔の併用により進行する。各回の実施形態は事前に通知する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.