タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60691500 
科目名   漢字研究Ⅲ  
担当教員   加藤 泰弘  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   書実Ⅱ     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木3   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻選択科目 
備考   
ナンバリング   132362 
ねらいと目標 高等学校芸術科書道の担当教員としての漢字書(篆書、隷書を中心とする)の基礎的な知識と技能身につけ、その指導法について考究する。また、各作品の書道史上における成立背景等についても探求する。 
内容 高等学校学習指導要領(芸術科書道)における篆書、隷書の扱い等について理解を深める。古典の臨書を通して技法の向上を図る。甲骨・金文から篆書、隷書、草書・行書、楷書の感性までを概観し、代表的な作品を取り上げ、その歴史的背景を確認し、各時代の代表的な作品の臨書を行う。 
テキスト 授業時にプリント等を配布する。 
参考文献 『書の文化史』(上) 西林昭一 二玄社、
『文字の発見が歴史を動かす』 福田哲之 二玄社 他 
成績評価方法 提出作品(50%)、レポート(20%)と授業の取組状況(30%)により総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス 用具・用材について
学習指導要領(芸術科書道)における篆書、隷書の位置づけ
2書の歴史(楷書の成立まで)
3甲骨文・金文1
4甲骨文・金文2
5篆書 泰山刻石等
6高等学校芸術科書道における篆書、隷書の扱いについて
7竹簡・木簡 隷変について
8古隷1(開通褒斜道刻石) 
9古隷2(開通褒斜道刻石)
10古隷3(開通褒斜道刻石)
11作品検討会
12八分(礼器碑等)
13行書・草書(王羲之)
14楷書の生成と完成、その後の展開
15全体のまとめと振り返り
授業時間外における学習方法 取り上げた古典について、書道史上での位置付けを確認すること。課題については、練習を重ね完成度の高いものを提出のこと 
授業のキーワード 篆書 隷書 指導法 
受講補足(履修制限等) 用具用材として羊毛長鋒を授業の後半から使用する。
これについては、授業中紹介する。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本とし、必要に応じて遠隔方式も併用する 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.