タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60691100 
科目名   書道史研究Ⅰ  
担当教員   橋本 栄一  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   書実Ⅲ     開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131361 
ねらいと目標 書を学ぶ上で必須の基礎的な知識である中国の書の歴史について学んでいく。その際、文化史的な視点、学際的な研究方法等も身に付けていく。 
内容 最初に漢字の起源に触れ書の発生について学ぶ。次に、時代を追って具体的な作例を取り上げながら、実物と文献の両方面からの総合的な研究の実際を行う。さらに、それらによって得た知識や方法を生涯学習の場面に還元する力を養っていく。 
テキスト 全国大学書道学会編『書の古典と理論』(光村図書、2020年) 
参考文献 書学書道史学会編『日本・中国・朝鮮書道史年表辞典』萱原書房 
授業時に随時紹介していく。 
成績評価方法 レポート、テスト、平常点を総合して評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2書道史の研究方法①
3書道史の研究方法②
4漢字の起源について
5殷・周の書
6秦・漢の書
7これまでのまとめ
8三国・普、南北朝の書
9隋・唐の書
10これまでのまとめ
11宋・元の書
12明・清の書
13これまでのまとめ
14まとめ
15テスト
授業時間外における学習方法 授業の復習をしっかり行う。
特に、授業時に紹介された資料や参考書等は必ず読んでおくこと。 
授業のキーワード 書 書道 書道理論 中国書道史 
受講補足(履修制限等) 書に関する基礎的な知識を有し、専門に関する資料を準備できること。
授業開始時に小テストを行い、受講の可否について検討することもある。 
学生へのメッセージ 授業を受ける前に、必ず高校までの書に関する知識を整理しておくこと。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則として対面式で行う。
新型コロナの感染状況によっては、受講生と相談の上、オンライン式に切り替えることもある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.