タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60690800 
科目名   仮名研究Ⅰ  
担当教員   萱 のり子  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   書実Ⅰ     開講学期   春学期  
曜日・時限   水2   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131362 
ねらいと目標 「高野切本古今集」の概要を理解し、臨書を通して仮名書法の基礎を身につける。
平安時代中期の文化的状況についての関心を広げ、現代における毛筆書に関する見解を持つことができる。 
内容 仮名の生育と『古今和歌集』成立との関係を解説しながら、「高野切本古今和歌集」の位置を述べる。
臨書を通して書法と書風の理解をはかる。鑑賞の視点を受講者どうしで検討し、見方や捉え方を共有するために、グループまたは全体批評会を設ける。 
テキスト ・『日本名筆選1・3・5』 高野切第一種・第二種・第三種、二玄社、1993年。
・『古今和歌集』(注釈書。出版社等は指定しない。現代語訳、解説、語注等を比較して各自で選ぶ)
・『書の古典と理論』(新版)全国大学書道学会編、光村図書、2020年。 
参考文献 レジュメ配布 
成績評価方法 1)授業への参加度(50%)
2)授業の区切りで課すレポート(20%)
3)期末に課す課題(30%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2平仮名の成立と字母の確認
3「高野切」についての解説
4『古今和歌集』成立と仮名の生育の関係
5まず書いてみる(臨書の実習)
6書いた書を味わう(和歌と書法)
7書式と変体仮名を確認する
8連綿に慣れる
9運筆の調子を整える
10さまざまな変化を感じ取る①線の太細
11さまざまな変化を感じ取る②文字の大小
12さまざまな変化を感じ取る③墨の潤渇
13鑑賞会
(全臨作品を完成させ、持参)
14古典の書法を応用・活用する(行の流れと動き、運筆の遅速等)
15まとめ(自身の成果と課題を把握する)
授業時間外における学習方法 ●授業で扱った部分を含む原本の臨書をすすめる.。
(授業の終盤に全臨課題を完成させて鑑賞ができるよう、計画的に自習をすすめていくこと)
●毎時の授業でのテーマをふりかえり、応用・活用して深めていく。 
授業のキーワード 和歌・仮名・臨書・技法・ 
受講補足(履修制限等) 高等学校芸術科書道Ⅰ・Ⅱレベルの内容を理解していること。 
学生へのメッセージ 授業時に紹介する参考文献を積極的に目を通し、立体的な書の理解につながるよう心掛けてほしい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面・遠隔の併用により進行する。実施形態は、事前に通知する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.