タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-書道科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60690700 
科目名   漢字研究Ⅱ  
担当教員   橋本 栄一  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   書実Ⅱ     開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   132362 
ねらいと目標 書における基礎的な実技技能を漢字の書、特に行・草の書を中心に学び、学校教育、生涯学習の場面で活かせる力を養う。 
内容 中国、日本における漢字の古典を基礎とした学書方法を学び、創作へと発展させる。また、指導者としての視点や指導方法の実際も学ぶ。 
テキスト 全国大学書道学会編『書の理論と古典』(光村図書、2020年) 
参考文献 授業中に随時紹介する。 
成績評価方法 授業中の到達度や提出作品、平常点を総合して判断し、評価を行う。 
授業スケジュール(展開計画) 漢字の書について、基礎的な知識を知る。
その後、実際の臨書や創作を通して、自己の力を高めると同時に、示書、模擬授業等指導者としての様々な視点、方法を学ぶ。
内容
1オリエンテーション
2学校教育における行・草書学習について
3実物資料と文献資料に見える行・草書について
4古典臨書の方法
5行書の学習① 行書古典臨書の実践
6行書の学習② 行書古典による倣書
7行書の学習③ 行書による創作
8行書作品の鑑賞と批評
9草書の学習① 草書古典臨書の実践
10草書の学習② 草書古典による倣書
11草書の学習③ 草書による創作
12草書作品の鑑賞と批評
13行・草書作品の今後
14授業のまとめ
15試験
授業時間外における学習方法 特に、授業内容の復習をしっかりと行うこと。 
授業のキーワード 書道実技 漢字 行書 草書 
受講補足(履修制限等) 専門的な書道の実技を受講するのに必要な実技力を有し、書道用具、碑・法帖の資料等を準備できること。
授業の開始時に、上記の受講条件を満たしているかを検討し、受講の可否を検討する場合もある。 
学生へのメッセージ 書における行・草書の古典に対する基礎的な知識、技能の習得からより高度な内容へと発展させていきます。
各自でしっかり学んでいく姿勢を持ってください。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則として対面式で行う。
新型コロナの感染状況によっては、受講生と相談しながら途中でオンライン式に切り替えることもある。 
その他 特に、用筆については、学習対象の古典によって、大・小、中・長鋒、剛・柔毫等の準備を指示します。
また、液墨の他、固型墨を使用するので準備をしておいてください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.