タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-美術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60575100 
科目名   美術科教材論Ⅱ(立体)  
担当教員   岡野 茜  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   W301    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132352 
ねらいと目標 美術授業における立体の特性理解と立体教材の研究。 
内容 立体の基礎演習 及び グループでオリジナル教材を考案し発表を行う。 
テキスト 特になし 
参考文献 ・中学校学習指導要領 解説(美術)
・「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料(中学校・美術)
・授業者が用意する資料 
成績評価方法 授業に対する取り組み(出席含む)、提出物の内容、教材研究、発表、レポート、理解度、目的達成度を総合して評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション、立体について
2立体について
3模刻1
4模刻2
5模刻3
6模刻4
7作品の相互鑑賞
8オリジナル教材の考察および制作 1 (チームでの話し合い)
9オリジナル教材の考察および制作 2 (チームでの話し合い)
10オリジナル教材の考察および制作 3 (チームでの話し合い)
11オリジナル教材の考察および制作 4 (チームでの話し合い)
12オリジナル教材グループ発表 1
(オリジナル教材学習指導案提出)
13オリジナル教材グループ発表 2
(オリジナル教材学習指導案提出)
14オリジナル教材グループ発表 3
(オリジナル教材学習指導案提出)
15まとめ
最終課題レポート
授業時間外における学習方法 書籍・参考文献・実際の立体作品を観る、作品制作 など 
授業のキーワード 教材研究、立体、彫刻、美術授業 
受講補足(履修制限等) 適宜、授業者が指示。 
学生へのメッセージ 基本的には、対面での授業を予定しています。感染症の状況によって授業形態を遠隔授業に変更する場合があります。
どちらの場合も、WebClassを使用しますので授業開始前に必ず確認をしてください。

※授業に際し留意する事項がある学生は、事前に a12okano@u-gakugei.ac.jp(岡野)まで連絡をください。
 例)聴覚障がい、ネットワーク通信に関する制限、対面授業ができない事情 等。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を予定。 
その他 材料費等は個人購入、必要な用具は各自持参。
※特別な事情がある場合は、都度事前に相談してください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.