タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-美術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60574900 
科目名   鑑賞教育  
担当教員   西村 德行  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   W201    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月5   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程美術専攻選択科目A、初等教育教員養成課程美術選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132351 
ねらいと目標 美術教育における鑑賞の意味、在り方、方法について多面的に理解していく。 
内容 鑑賞教育の一般的な姿を理解することから始め、どのようなものを鑑賞の対象にすべきか考える。また、鑑賞の身近な例として、教科書の鑑賞ページや美術館の鑑賞活動を考察する。その他に、実技的な課題も交え、表現と鑑賞の関係を理解しやすくすることも考えている。なお、授業スケジュールに関しては、後期の前に変更案を示すことがあるので、注意しておいてほしい。  
テキスト 授業の展開に即して必要な図版・資料を用意する。  
参考文献 必要に応じて授業中に紹介する。 
成績評価方法 出席状況、発表や提出物等の授業態度で総合的に判断する。 
授業スケジュール(展開計画) 1 表現と鑑賞の関係1
2 表現と鑑賞の関係2
3 鑑賞の意味1
4 鑑賞の意味2
5 鑑賞の広がり1
6 鑑賞の広がり2
7 伝統的・歴史的美術と鑑賞1
8 伝統的・歴史的美術と鑑賞2
9 伝統的・歴史的美術と鑑賞3
10 伝統的・歴史的美術と現代の接点
11 美術館の役割1
12 美術館の役割2
13 子どもたちの作品と鑑賞教育1
14 子どもたちの作品と鑑賞教育2
15 まとめ  
授業時間外における学習方法 授業時に先の展開について指示をするので、それに従って準備をしてほしい。  
授業のキーワード 異文化 他者理解 伝統 現代 表現と鑑賞 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.