タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-美術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60573700 
科目名   美術科教育演習Ⅲ  
担当教員   増田 金吾  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   W301    開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程美術専攻選択科目A、初等教育教員養成課程美術選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132352 
ねらいと目標 美術教育そのものや、美術科教育における表現教育(鑑賞を含む)の意味・在り方について考え、今日的な教育課題を基にした題材開発を行い、提案する。 
内容 美術教育の意味、美術科教育の指導のあり方について検討し、考察する。こうした検討・考察を、題材研究へとつなげる。
これらの蓄積を基に、グループで表現教育の題材を開発し、口頭発表を通して提案する。 
テキスト 特に指定しない。 
参考文献 ・『教科教育学シリーズ⑧ 図工・美術科教育』橋本美保・田中智志監修、増田金吾編著、一藝社
・『小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 図画工作編』文部科学省、日本文教出版
・『中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 美術編』文部科学省、日本文教出版 
成績評価方法 課題レポート、グループレポート、口頭発表、グループで作成した学習指導案、最終レポートを総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1☆オリエンテーション(本授業の概要、図画工作科・美術科の今日的課題や動向)(対面)
2創造主義美術教育と指導(オンデマンド)<課題レポート>
3創造主義美術教育と指導についての討論(Teams)<グループレポート>
4造形主義美術教育と指導(オンデマンド)<課題レポート>
5造形主義美術教育と指導についての討論(Teams)<グループレポート>
6生活主義美術教育と指導(オンデマンド)<課題レポート>
7生活主義美術教育と指導についての討論(Teams)<グループレポート>
8赤津隆助の指導について(オンデマンド)<課題レポート>
9題材・教材研究(オンデマンド)<課題レポート>
10学習指導案作成、学習評価(オンデマンド)<課題レポート>
11☆グループワーク① 教科書研究(於 附属図書館ラーニングコモンズ)(対面)
12☆『トントンギコギコ図工の時間』鑑賞(対面)
13グループワーク② 題材・教材研究(図画工作科、または美術科)についての討論(Teams)<グループレポート>
14グループワーク③ 学習指導案作成(図画工作科、または美術科)についての討論(Teams)<グループレポート。グループで作成した学習指導案>
15☆グループワーク④ 口頭発表(対面)<最終レポート>
授業時間外における学習方法 附属図書館などを利用して教科書等の資料調査・検討を行うことで、美術科教育における表現教育の在り方を考えてください。
 
授業のキーワード 美術 表現 教育的課題 題材研究 題材開発 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 美術教育についてさまざまな捉え方をもとに、受講生のみなさんの考察を語ってください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 第1・11・12・15回(授業スケジュール、内容の最初の部分に☆印)は、対面で授業を行います。その他の回の講義は、WebClassで資料や課題を配信して遠隔形式・オンデマンド型で行い、討論はグループでTeamsを用いて行ってもらいます。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.