タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-美術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60573500 
科目名   美術科教育演習Ⅰ  
担当教員   相田 隆司  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金1   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程美術専攻選択科目A、初等教育教員養成課程美術選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   131352 
ねらいと目標 美術科教育の基礎的な事項とその意義・特性、並びにさまざまな実践と理論を理解する。 
内容 子どもの学び(表現あそび・みること・つくること等)の意味を想像しながら時間づくり、意味づくり等の演習を行い、美術+教育の意義・課題をめぐって考察する。 
テキスト 特に指定しない。授業内容に関連する資料配付をその都度行う。 
参考文献 適宜、紹介する。  
成績評価方法 出席状況20%、課題・提出物等40%、自己評価40%  
授業スケジュール(展開計画) 第1回:美術科教育の意義等理解にむけて/概要説明 
第2回:各自の教育経験と美術科教育の意義
第3回:各自の教育経験 省察 
第4回:各自の教育経験交流

第5回:イメージ生成と子供の「見ること」について
第6回:イメージ生成と子供の「見ること」作品制作
第7回:イメージ生成と子供の「見ること」作品制作・省察
第8回:子どもの「見ること」相互交流 評価

第9回:イメージ生成と子供の「身体」について
第10回:イメージ生成と子供の「身体」作品制作
第11回:イメージ生成と子供の「身体」作品制作 省察
第12回:作品鑑賞 相互評価

第13回:鑑賞と子供の「主題」について
第14回:鑑賞と子供の「主題」作品制作
第15回:作品鑑賞・美術教育の課題協議・総括
 
授業時間外における学習方法 学校内外の美術科教育の動向について調査する。教科書を閲覧する等。 
授業のキーワード 図工 美術 子ども 表現 鑑賞 発想 工夫  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔同期形式で実施します。初回授業=概要説明にご出席ください。履修登録者にはポータルメール、webclass等でURLをお知らせする予定です。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.