タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-美術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60572700 
科目名   工芸基礎Ⅱ  
担当教員   石井 壽郎,古瀬 政弘  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   陶芸室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程美術選修選択科目A 
備考  オムニバス形式 
ナンバリング   131352 
ねらいと目標 材料、技術、機能、伝統などの工芸の基礎的な内容を知り、その教材としての役割について理解する。 
内容 金属、土等を素材とした課題制作および工芸分野に関する演習形式の講座です。
実際に制作していくことでアクティブラーニングを実現していく事になります。 
テキスト 文部科学省教科書、高等学校工芸Ⅰおよび高等学校Ⅱ 日本文教出版株式会社 
参考文献 授業進行、内容に応じて紹介する。 
成績評価方法 出席4、授業態度2、作品・レポート等の提出物4の割合で評価します。 
授業スケジュール(展開計画) 受講生(例年60人程度)が同時に実習できる教室・設備が用意できないので木工・陶芸などの分野に分かれて途中交代するなどの工夫をしていますが、今年の受講状況によりますので授業初めにお知らせします。  
授業時間外における学習方法 限られた授業時間の中で納まらなかった課題や自宅でもできる作業は宿題になる事があります。 
授業のキーワード 図画工作、工芸、ものづくり、伝統、環境 
受講補足(履修制限等) 設備・教室に制約がありますので主対象外の履修を制限する事があります。また、担当教員が複数いますので中間で交代する可能性があります。 
学生へのメッセージ 表現能力よりその前提としての材料体験であったり、制作のための技術習得を主眼としております。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他 授業に必要な用具や材料の購入をお願いする事があります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.