タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-美術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60570200 
科目名   図画工作科教材論  
担当教員   石井 壽郎  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   W301    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   131352 
ねらいと目標 「Artとしての図画工作」に対する自己見解を構築し、今後の教育活動の教材指針として確立する。 
内容 数種のArtの根源としての人の本能欲求を解説し、これを基にした表現実践を時にはチームアプローチなどを交えながらアクティブラーニングに試みることで理解と見解を深めていく。レクチャーと実技で構成されたプログラムです。 
テキスト 必要に応じて用意する。 
参考文献 必要に応じて紹介する。 
成績評価方法 平常点評価(3課題の成果物含む)  75%
最終レポートテスト  25% 
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業概要説明及び導入講義
2レクチャーⅠ
3実践提示・解説Ⅰ
4実践1
5実践講評・解説Ⅰ
6レクチャーⅡ
7実践提示・解説Ⅱ
8実践Ⅱ
9実践講評・解説Ⅱ
10レクチャーⅢ
11実践提示・解説Ⅲ
12実践Ⅲ
13実践講評・解説Ⅲ
14総評
15総合まとめと最終レポート
授業時間外における学習方法 日常より自分の興味関心を実感し出来れば記録しておくと本授業をより活用できます。 
授業のキーワード 「図画工作」の深淵に触れましょう。 
受講補足(履修制限等) 柔軟な思考を持参のこと 
学生へのメッセージ 美術を実践していく上で、その根底にある表現行為について探求する時間なので、A・B類に関係なく率先して受講してください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他 特に無し 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.