タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-美術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60003200 
科目名   視覚芸術と社会教育  
担当教員   尾関 幸,中村 ひの  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   造資料室   開講学期   秋学期  
曜日・時限   月1   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  総合学芸領域:分野A共通 
備考  CA:(A)領域 
ナンバリング   112352 
ねらいと目標 現代社会に生きる我々に視覚芸術を鑑賞する機会を与えてくれる場に展覧会がある。この授業では、参加者各自が仮想的に展覧会を企画することをつうじて、展覧会のもつ社会的意義や現代的課題について考える。 
内容 授業は、春学期に実施する「視覚芸術と社会Ⅰ・Ⅱ」の成果を基礎に、展覧会の実際を学ぶ。具体的には、参加者には、一名またはグループで芸術館を使用するヴァーチャル展覧会の企画の立案とパワーポイントなどを用いた企画のプレゼンテーションを課す。教室は美術棟(芸スポ4号館)3階の造形芸術学資料室を使用する。なお、本授業は旧カリキュラム「総合演習」(鈴木・尾関担当)を継承した授業です。

 
テキスト 特に定めない。 
参考文献 必要に応じてその都度指示する。 
成績評価方法 単位は出席とレポートによる。 
授業スケジュール(展開計画) 1.ガイダンス:授業の概要と日程、グループわけ

2~9.展覧会企画の準備:春学期に実施した展覧会見学の報告と企画案の作成

10~14.発表①~⑤各グループの計画した展覧会企画の発表

15.総合討議:展覧会企画のまとめ
 
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 春学期に「視覚芸術と社会Ⅰ」と「視覚芸術と社会Ⅱ」の履修してほしい。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.