タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60566400 
科目名   民族音楽演習B  
担当教員   渡辺 亮  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   音ホール     開講学期   春学期  
曜日・時限   集中   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A4、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース選択科目B 
備考   
ナンバリング   133342 
ねらいと目標 ラテン・パーカッションの実践と応用 
内容 ラテン・パーカッションの個々の楽器の扱い方や演奏テクニック、および楽器の組み合わせ、アンサンブルの組み立て方を理解し、教育現場におけるプログラム作り等に役立てる。 
テキスト 授業時に毎日配布する。 
参考文献  
成績評価方法 集中授業であるため、3日間とも受講、出席を重視する。 
授業スケジュール(展開計画) 8月3日(火)8時50分 ~ 17時40分
  音楽ホールにて、9時からオリエンテーション
  初日は、ラテン・パーカッションの個々の演奏方法と実践
  各楽器の仕組みや、音の出し方をしっかりと学び、アンサンブルに繋げていく

8月4日(水)8時50分 ~ 17時40分
  音楽ホールにて、ラテン・パーカッションのアンサンブルの組み立て方を学ぶ
  ラテン・パーカッションのリズムとアンサンブルと身体の動き、ダンス等との関係を学ぶ

8月5日(木)8時50分 ~ 17時40分
  音楽ホールにて、ラテン・パーカッションのアンサンブルを使っての創作、実践する
  ラテン・パーカッション・アンサンブルを身体表現のひとつとして完成させることを目標とする
  最終日には、ラテン・パーカッション・アンサンブルを使ったオリジナルのステージを作る  
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード ラテン・パーカッション・アンサンブル 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ ラテン・パーカッションの多くは、小・中・高等学校の音楽室にありますが、それらの楽器の扱い方や演奏テクニック、アンサンブルの組み立て方に関しては、まだまだ知られてないことがたくさんあります。
個々の楽器の楽しみ方、扱い方、アンサンブルの組み立て方によって、もっともっと世界が広がるラテン・パーカッションの魅力を、楽しく体感してください! 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面授業形式で行います。 
その他 2021年8月3日(火)、8月4日(水)、8月5日(木)の3日間の集中授業です。
場所は、3日間ともに、音楽ホールです。

実技を伴いますので、動きやすい服装で受講してください。
なお、今期の受講生の人数は、10~15人を対象人数といたします。
履修希望者が対象人数以上の場合は、受講者を抽選により決定させていただきます。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.