タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60566200 
科目名   和楽器D  
担当教員   山田 寛  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   音ホール     開講学期   春学期  
曜日・時限   木1   単位区分   選択,選必  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A3 
備考   
ナンバリング   132343 
ねらいと目標 篠笛の実習により日本音楽固有の様式を理解する。  
内容 音楽科で和楽器(篠笛)の指導を行うための基礎的な内容と篠笛の様々な奏法について学ぶ。 
テキスト 山田隆・福原寛編著「篠笛の本」日音 プラスチック篠笛「飛天」(七本調子)  
参考文献 授業内で適宜紹介する。 
成績評価方法 篠笛を音楽科で取り扱うための基礎的内容についての理解と達成度、実習の成果発表から評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回:構え方と音の出し方
第2回:呂音と指打ちを使った演奏1(はね指)
第3回:呂音と指打ちを使った演奏2(打ち指)
第4回:甲音の出し方
第5回:甲と呂のつなぎの音
第6回:指をずらすメリの音
第7回:大甲音の出し方
第8回:小曲の練習1(童歌、さくら等)
第9回:小曲の練習2(こきりこ節)
第10回:古典曲を吹いてみる1(長唄ことぶき)
第11回:古典曲を吹いてみる2(長唄宝船)
第12回:独奏曲を吹いてみる
第13回:三味線入りで古典曲を吹いてみる1(長唄宝船)
第14回:三味線入りで古典曲を吹いてみる2(長唄越後獅子)
第15回:まとめ(実習の成果発表)と実演家の演奏鑑賞
 
授業時間外における学習方法 演奏動画の中には奏法が異なるものもありますが、少しでも長く日本音楽の音に触れ、親しむようにしましょう。 
授業のキーワード 日本音楽 和楽器指導の方法 発表会 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面を基本としますが、場合により遠隔になります。初回は音楽ホールに集合してください。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.