タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60565300 
科目名   音楽学特別研究A  
担当教員   吉川 文  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   音フォノテ   開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A4 
備考   
ナンバリング   133342 
ねらいと目標 音楽を歴史的観点から学ぶために必要な様々な資料について理解する。課題とする音楽を研究するために必要な資料を収集し、適切に扱い、研究の結果について口頭発表を行ったり、レポートの形にまとめられるようにする。 
内容 音楽を歴史的に学び、研究するために必要となる様々な資料を、音楽を伝える「メディア(媒体)」としてどのように扱うかを考える。楽譜にとどまらず、時代や対象に即した様々な資料に基づいて音楽を歴史的に捉え、考察を深める。 
テキスト 授業時に適宜配布する。 
参考文献 授業の中で必要なものを適宜紹介する。 
成績評価方法 授業内での研究発表と学期末のレポートに加え、発表後の討議での積極的な発言など、授業に対する主体的な関わりを評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 資料収集とその扱い方等について、初回に講義を行う。その後、具体的に中世・ルネサンス期の音楽を研究する際の主要な「メディア(媒体)」となる楽譜に関して、写本と現代の校訂譜などを具体的に取り上げる。担当教員による発表後、「メディア」について、さらに広範な視野から考え、録音や録画資料も含めていくつか課題を設定し、受講者による研究発表を行う。
内容
1音楽とメディア テーマの確認
2楽譜と記譜法
3発表とディスカッション①
4発表とディスカッション②
5発表とディスカッション③
6発表とディスカッション④
7発表とディスカッション⑤
8発表とディスカッション⑥
9発表とディスカッション⑦
10発表とディスカッション⑧
11発表とディスカッション⑨
12発表とディスカッション⑩
13発表とディスカッション⑪
14発表とディスカッション⑫
15各テーマの振り返りとまとめ
授業時間外における学習方法 研究発表に関連する資料収集、文献の確認等が必要となる。 
授業のキーワード 音楽史 音楽学  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 研究発表だけではなく、その後の討議も含めて受講者全体が主体的に関わることで授業が進行する。授業での積極的な発言が重要である。授業に能動的に参加すること。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面での授業とするが、受講者の状況にできる限り応じながら授業を進める。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.